SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

究極のSEOは自分の意見を伝える事

ブログ
スポンサーリンク

 

究極のSEO

昨日の明け方こんな記事を書いていました

shijinblog.hatenablog.com

この記事では意識して自分の意見を包み隠さず書いてみたのですが、やはり自分の意見や伝えたい意志を文章にしていくのはとても楽しい、そしてそれを読み手の人も真剣に受けとめてくれコメント等を頂いたのもとても嬉しかったです

それと共にここ最近ははてブやネット上で気になった話題に付いてもいくつか記事を書いていました

この辺の記事とかそういった話題に対して自分なりの文章で消化したものです

shijinblog.hatenablog.com

shijinblog.hatenablog.com

shijinblog.hatenablog.com

特定のカテゴリーの話題について書いている記事が多いいのですが、話題になっている記事を書いた後、少ししてから自分の中にあった気持ちだけで綴った文章と比べてみた時に思った事

やはり1次情報の記事が一番価値があるんだよなという事です

価値の判断基準を一概には言えませんが、Aという話題についてこの人もこの人もいっている、この話題もう見た事あるなって記事ありませんか?

そういう場合って、多くの場合に2次情報としての記事を書いている人は1次情報の記事を見てこう思いました、3次情報の記事を書いている人は2次情報の記事を読んでこうおもいましたったっていう感じに参照元としてそれより前に話題に登った記事を引き合いに出す事って多いいのです。これはブログの書き手なら分かるんじゃないかな

1次情報と2次情報

いわゆるスクープ的な内容を一番最初に出した所が強い的なあれです

その話題の中心にある情報程リンクも集まりやすく適切なタイトルであればその情報としての信用性や価値が大きく増します

よくブラックSEOや被リンクの重要性などをSEO関連の記事を見ていると読む機会があると思うのですが、他のサイトの参照元としてリンク経由で訪問者が来る事で得られる記事の信用性ってすごく高い

新しい話題を検索順位を注視して追って行くとすごい勢いで目紛しく変わっていくのが読み取れるのですが、SNSの流入数の爆発的な増加で順位が上昇する事はありますが

最終的にはどれだけ良質なリンク経由で人がその記事に集まったのかというのが大事になって来るのではと思います

以前ファイナルファンタジー15の記事を書いた時

shijinblog.hatenablog.com

一緒に開発に掛かった資金を回収する為に必要な販売数1000万本という数字を他の全世界の人気ソフトの販売数ランキングと共に掲載して俺的ゲーム速報刃/JINという有名な2chに引用されたのですが、最初ファイナルファンタジー15というキーワードで瞬間的なシェア数がこちらのブログの記事よりあちらのまとめの方が多かった事もあり相手の方が検索上位に来ていたのですが、その後2ヶ月以降かな少し経って来るとその順位は逆転して行きました

自分の意志や意見を伝える事の重要性

これはブログという形式で言えばですが、やはり自分の意志を持って意見を言うという事、自分なりの考えを持って書いた文章って強いなって思います

いまなかなかブログを書いていて反応が薄いって方や検索順位が上がらないって方は自分の意見をしっかりと伝えられていますか?

思い切って「断定調」で「自分の意見を臆病にならず伝える」

そんなちょっとした一歩でより多くの人の目に触れる機会が増えるのかもしれません

PS

そのブログがどのタイミングで書かれたのかというのもとても重要です

shijinblog.hatenablog.com

ドナルドトランプの話題がよく出ていた時にこの記事を書いたのですが多くの人に参照して頂き検索経由で1記事だけで1日1万人の来訪者がありました

その後も定期的な訪問者がありますがこれだけ注目される位置まで上げる事が出来たのはタイミングがよかったからではないかと思っています

皆がその情報を欲しているタイミングでうまく投稿する事もより多くの人に読まれるきっかけになるのかもしれません

 

SEO-検索エンジン最適化はどれだけそのテーマに対して詳細に興味深いオリジナルの文章が書かれているのかを判断して検索結果に反映します

はじめてライターに外注するとかなりの確立で中身の薄い記事をゲットするのですが(笑泣)、それはお金を貰う為に好きでもない事を書く文章と自分がこれでもかって伝えたい文章がまったくの別物だからなんだと思います

そういった事を考えても自分の意見を伝えられる様な記事は理にかなっているのかもしれません

 

☆おすすめの記事

shijinblog.hatenablog.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク