SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

転職活動は在職中にするべきか、時間が無い人の面接の疑問点について書いていく

スポンサーリンク

 

f:id:gustave_buzz:20161102020312j:plain

ども、SHIJIN(@gustave_buzz)です

転職活動をするのは在職中、退職後どちらが良いのか少し気になる所です

実際に在職中に私は転職エージェントを利用して転職活動をしていた時期があったのですが、そこで伺った話に付いてすこし書いていきたいと思います

転職活動を在職中にやるメリットについて

転職活動を考える際に多くの人は在職中にするべきなのか退職後にするべきなのか気になるのではないでしょうか

在職中に済ませる事が出来れば、次の会社に行くまでに無職の期間も少なくなりますし、安心して次の会社に行くまでの期間を過ごせるのではないかと思います

これは実際にエージェントの方と話している中で根掘り葉掘り聞いていた話なんですが(昔から気になる事を知りたくなるので)、在職中と退職後では給与の交渉のしやすさが変わるそうです、これは考えて貰うと分かるんですが在職中であれば今の年収と比べてこれくらい仕事出来るからこういった給与でと交渉する事が可能です

ですが退職後であればその年収は一時的に0になる訳ですね、その為比較的交渉するカードが少なくなるという点において退職後の転職活動よりも在職中の転職活動の方が年収の交渉の際にメリットがあると言えるのかもしれません

在職中の転職活動と面接

在職中に転職活動をするのはなかなか難しい方も多いのではないでしょうか、自分は当時9時-18時半の勤務時間で土曜も月に2回は仕事に出ていました

そんでもって有給を使うとかそういう感じは会社的に無かったのでどうするべきなのか結構悩んだ部分はあったんです

実際夜のそんな時間に出来ちゃうのだろうかという部分についてです

今回は転職エージェントを使う前提で考えてみるのですが、転職エージェントは基本相手が就業中の会社員ですので20時以降とかでも全然いける感じですね

結構遅い時間22時くらいでも場所によっては受け付けてくれているかもしれません 

平日の在職中の転職活動

多くの方は平日も18時頃までは働いているのではないかと思います

逆に面接先の企業も遅くても同じ様な時間までには仕事を終わらせたいと思っていると思うんですね、なもんで平日休めない会社員の方の転職活動はなかなか難しい部分もあります。そこでエージェントを経由してみると色々メリットもあって、どの企業がどれくらいまで人事の方で面接を受けてくれるのかという情報や、どれくらいまで仕事を皆さんしているのか(ハードなのかどうなのか)なども含めて聞く事が出来る様になっています

この辺の内容は実際の所サイトとかでは乗せてない部分(残業どんくらいか)なので、相手企業の内情をいくらか把握しているエージェントを介する事で得られるメリットはあるのではないかと思うんです

転職活動で企業が面接してくれる時間

こればっかりはしょうがない事なんで事実の部分でどんなもんか聞かせて貰ったのですが、相手先の企業としても面接に対応してくれるのは19時位までだと考えた方がいいでしょう。普通に考えて相手側も早めに帰りたいでしょうしね

面接出来る日取りも平日がメインの様です、場合によっては少数土曜日も面接してくれる所も

色々話を聞いていると20時位でも面接してくれる企業をエージェントの方で紹介して貰う事は出来るんですよ。ですがちょっと立ち止まって考えてみてください

その時間でも全然オッケーという事は、自分がその会社に勤めたとしても20時くらいはバリバリ仕事してる途中って事なんですよね

少なくとも21時頃までは仕事みたいな、そういえば広告関連のちょっとイケイケ風味の会社だったなと思うとまああれな感じです笑、個人的にはおすすめしません汗

在職中の転職活動をする際の休む理由

これも色々他の方の話を聞いた事実について書いときます

自分はやはり平日の19時頃までに面接を受けるのは厳しかったです

ですが他の方々を参考に聞いていると、午前だけ有給を取ったり病気だという風に申告してさっと受けたい企業で面接を受けて来て、その後に会社に出社するという感じだそうです

有給が使える方はそういった方法も考えてみてもいいのかもしれませんね

有給があったら自分も使ってたかもしれないんですが^^;

逆をいうと次に受ける企業が有給有る無しによっても、その次に仕事を探す際に平日の時間が取れるのかは変わって来るのかもしれません

有給の有無を聞いておくのも意外とありかもしれませんね

最後に

在職中の転職活動はぶっちゃけ疲れます

書類を作ったり整理したり、個人的にはゆっくりやってもいいんじゃないかなと思う派です。ですが実際に在職中に転職活動をした経験と、退職後に転職活動をした経験について振り返って見ると前者はキャリア志向の方向け、後者はのんびり長い時間働ける所を探す人向けの行動かなと思います

皆さんも一度は考える転職活動だと思いますが意外と一生の中の大事な仕事の時間を決定付ける内容なのでしっかり精査して考えてみるのが大事ではないかと思います

「終わりの」ワンポイントPR

在職中の方はなかなか転職サイトに応募してみる事は出来ないですし、またエージェントに登録するのも少し勇気がいる事では無いかと思います

MIIDASという無料の転職診断サイトがあるのですが、自分の経歴や履歴を入力して質問に答えていく形で診断を進めて行くと、自分の「適正な年収」「自分の市場価値について」非常に面白い結果が5分程で確認する事が出来ます。

面接の確約オファーを受け取り確認、自分の今の経歴やスキルでどこまでの会社がオファーに手を挙げてくれるのかを把握する事が可能です

仕事で給料や休日が少ないなど気にされているかも多いのではないかと思います

ただそういう人に限って実際には行動していない事が多いのではないでしょうか?

実はそれってすごい機会損失なんですよね。20代の方であれば全然動けますし、30代の方でも転職のひとつの区切り35才までは時間があります

これから20年、30年と続けていくからこそ「給料」や「休日」など納得出来る環境を探すというのはとても大事な事かなと思いますよ

MIIDAS公式ページ

 

☆関連記事

 

shijinblog.hatenablog.com

shijinblog.hatenablog.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク