SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

転職で倍率の高い書類選考を確実に通過する為の方法

仕事
スポンサーリンク

 

f:id:gustave_buzz:20161026163535j:plain

ちょっと昔になってしまうのですが、以前リーマンショック後に転職活動をしている時期がありました。当時の筆者はまだ年齢的にも経験的にも若い時期でしたので、多くの人と同じ土俵で勝負するのがなかなか難しい状況だったのを覚えています

経験や能力が十分ある方は転職エージェントなどを使って相談する事をおすすめしますが、ここではよくある大手のenやリクナビなどを利用して転職する場合にフォーカスしてみたいと思います

転職で倍率の高い書類選考を通過する方法

転職サイトなどで言えば全国の人が見れる、大人数が見る事が予想出来ると思います

その際に何度か応募を行っていく中で傾向が見て取れる様になって来ました

それは、当時は数百名規模で転職の小さな枠に応募されている方がいたので思ったのですが、掲載されてから間もない応募であれば見られているけれど、掲載から数日経ってしまった場合には企業によっては読まれていない?もしくはだいぶ審査に遅れが出るのでは?という部分でした

 

大企業で人事が専属で選考に当たられる場合であれば良いのですが、さすがに1日に100人以上のデータを見て判断、面接の準備を進めるのは無理やないかなと思って見ていました(特に中小企業などは)

そういった判断の元当時の自分が何をしたのかというと

それぞれの見ている転職サイトの更新時間をチェックする事でした

転職サイトには更新する「曜日」「時間」が存在します

大手のリクナビとかでしたら確か週2日水曜日、金曜日の7時とかでしたでしょうか

この時間に最新の情報がアップロードされるのでそこに狙いを定めていきます

 

よくあるしょっちゅう求人広告を出している所はちょっとやばいのでスルーした方がいいでしょう、その辺の詳細はこちらの記事を参考に

shijinblog.hatenablog.com

転職サイトに企業の求人情報掲載された後にやるべき事

アップロードされてから人気のある求人であれば1日ごとに数十人〜100人位は応募があるのではないでしょうか

その際に最初の50人くらいに入っておくと、当時はですがリーマンショック後の大変な時期にも関わらず面接まで行く事は可能でした

書類選考に早めに応募している場合には「書類選考通過」も「書類選考不合格」も早期に返信を貰っていた記憶があります

ですのでダメならダメで他の興味のある企業の求人応募を進めて行く感じが良いのかなと思います

また私の場合は先に行きたい業種別に志望動機書のテンプレを作っていました

そのテンプレを企業ごとに少しアレンジして応募します

 

応募する時間についてですが

試しにリクナビNEXTを拝見してみた所、水曜日、金曜日にそれぞれ特定の分野で300件程の新着求人が出されていました

その半分位は良く求人を出している様な大手も多かったので取り敢えず流し読みします

残りの150件の中から恐らく希望される様な案件は3〜5件程度だと思いますので、7時にアップロードされたら8時〜10時くらいにはテンプレをいじって最速で応募してしまう感じです。よく面接に際して言われたのがひとりだけめっちゃ応募が早かったというやつですね

求人を出す方も1週間で25万位は出してるんじゃないかな?と思いますのである種のどんな応募者が来るのか最初は期待感を持っているんじゃないかなと思います

そこで一番乗りすればやっぱり目は引きますよね

書類選考の返信が来ない場合

一応補足ですが書類選考が行われて行く中で多くの応募者がいます

色々な企業を見ていると「通過者にはすぐに返信があり」「不合格者には最後にお祈りメールが来ます」自分が不合格の場合には待てども明けども返信は一通り1次審査が終わるまでは来ない事が多いので、その辺は割り切って連絡遅い所は落ちたかなくらいの気持ちで臨むのが良いのではと思います。特に希望していた企業の場合にはどうしても踏ん切りがつかないですが、自分が行きたいと思っている企業ほど連れないものです

 

自分は20代中盤の転職活動をしていた頃、これで2週間くらいは面接の予定で埋まりっぱなしだったのを覚えています。もし転職活動の書類選考で苦戦している〜という方がいれば、よかったら試してみてくださいね 

「終わりの」ワンポイントPR

転職を考えている方の中には仕事をしつつも転職が頭の中で意識している方、転職活動を現在進行形で行っている方がいるのではないないでしょうか

仕事を続けながら探すというのもなかなか難しいものがありますし、転職活動をしている方でも多くの案件があり過ぎる事、競合する人数が多かったりスキル不足でうまく面接まで進めていない方も多いのではないかと思います

MIIDAS(ミーダス) という転職診断サービスがあるのですが、このMIIDASではこれまでの履歴や経歴を元に5分程度の診断で自分の「適正な年収」や「市場価値」を算出、面接を確約してくれる企業のオファーを無料で確認する事が可能です

多くの転職サービスがある中で今の自分がどれくらいの年収を獲得出来るのか、どんな仕事に就く事が出来るのか、「自分のその他の可能性」について把握する事は今後の人生を進めていく上でもとても肝要な事かと思います

実際他の会社に移った場合の給料や待遇を知らない事は長い目で見て、大きな機会損失かと思います。宜しければ試してみてくださいね

MIIDAS公式ページ

 

☆関連記事

shijinblog.hatenablog.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク