SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

東京暮らしを30年もしていると退屈さに絶望するよ【田舎と東京論争】

スポンサーリンク

 

東京という街

f:id:gustave_buzz:20160721093927j:plain

東京と地方に関する話題がいくつか上がっていた

www.sugatareiji.com

p-shirokuma.hatenadiary.com

www.bloglifer.net

どうやら有名ブロガーのイケダハヤト氏が東京で消耗していないで地方に移住して来なよ、という内容についてあらためて言及と考察を発展した内容の様だった

ここで注目すべきはそれぞれの方がおそらく地方に住んでいる視点から地方での生き方について書いている点だろうと思う

固定費が下がると言っても、それは住居費に限る(公共の交通機関は使いずらい為車が必要)

東京の消費思考の価値観で地方に来ても消耗するだけ

地方の生活を支えている税収を負担しているのは東京の人々だ

という様な事が書かれていた

確かに東京から地方に移住をするのはそれを想い描いている人の希望以上に大変な現実があるのかもしれない

東京にずっと住んでいる人から見て東京という街について思う事

私は東京の杉並区という場所に生まれて20才頃まで暮らしていた

その後は多摩川より西の郊外に引っ越したり、今は都心に戻り暮らしている

私はアルバイトを学生時代に色々経験したのだが、その際に選ぶ基準として自分の東京でより知りたいと思った街でアルバイトをする事が多かった

30以上のアルバイトをいつも2〜3個掛け持ちしつつこなして来た

銀座、代官山、六本木、赤坂、上野、浜松町、恵比寿、お台場、その他主要な街以外でも住宅街の多い路線、郊外などを含めて色々な街を見てきた

その土地で仕事(学生のアルバイトだが)をしていると自然にその街の事を知る事が出来る

そしてお洒落な街であれば自分のファッションもより洗練されて来るし、上野の様な美術館のある街であればより芸術への興味も湧いて来る

多くの刺激に触れてとても得る物も多かった

だが大人になって10年も住んでいると東京という街に飽きあきしてしまう部分もあるのは確かな事だ

「この街は有限だ」、どんなに街の景色が変わっていったとしても

それは一度経験してしまえばそれ以上興味を持てなくなってしまう

それはお金と引き換えに経験する出来事が多すぎる為だと思う

表参道にショッピングに行く

人気のデートスポットに行く

人気の遊園地に行く

お洒落なカフェに行く

イベントに参加する

何か目的があって行動する機会が多く、そして消費と引き換えに経験をする

だがこれは筆者個人の意見だが1回行ってしまえば正直また同じ場所に行きたいとは思わない

また東京と言う街は電車の時刻表に規定されている街の様に感じる

社会人として仕事をしていない場合には感じないかもしれないが東京という街で1日のうちに一番目にする機会の多いい物や風景をいくつか上げるなら「時計」「電車の電子掲示板」だろう。何をするのにも「時間」を意識せずには生きられない街なのだ

以前こんな話を聞いた事がある

「心に余裕がある人は鳥の鳴き声が聴こえる」と、これは普段道や公園の近く等を歩いている時、ベンチに座っている時、「もし心に余裕があれば小鳥のさえずりが聴こえる」という意味だ

私はその話を聞いた時にはっとした、あまりの忙しさに鳥のさえずりなんて何年も聞いていないと思ったからだ

消費を主体にした遊びと時間という呪縛、こういった物を考えた時に東京での暮らしは本当に素晴らしい物なのかと思う部分がある

私は地方から東京に出て来る人に対して手放しでは東京と言う街を推薦する事は出来ない

いくつかの行ってみて欲しい綺麗な場所や美しい芸術を見れる場所はあるがそれ以上に見せたくない物も多いいのではと思ってしまうのだ

東京の人から見た地方の生活

これまた学生時代のアルバイトなどの関係なのだが、私は長野の牧場と栃木県の那須へバックひとつで住み込みのバイトに行った経験がある

長野では夜は澄んだ空に萬点の満天の星空を寝転がって見てきた

那須では真っ暗な夜道で野良犬に追っかけられた事もあったが、夏は清流に、冬は暖炉のあるBarに、普段でも観光地と言う事もあって森の中にある自然の素材を使ったパン屋さんに行ったり、別荘地の高原の中にある綺麗な景色の中を散策したりした

私の場合、長野には1ヶ月、那須には8ヶ月くらい行って来たのだが、そこで得た物は自分の思い出の中では相当大きな物だった様に思う

自然の移りゆく姿には何かと引き換えには出来ない美しさや情緒があったからだ

地方移住と言っても色々な地方があり北の北海道から南の沖縄まで過ごし方は色々だろう

本当に行き来に困る様な田舎もあれば、地方都市でとても便利な街もあると思う

改めて生き方を考えると「お金があっても幸せではない生活」もあるし「お金が無くても幸せな生活」もある

自分の生き方を考える節目にどこかでぶちあたったなら仕事はどうするか、という所からだけではなく

どんな生き方をしたいのか、その為に自分はどこで生きるべきなのか

そういった事も考えて歩みを進めてもいいんじゃないかなと思ったりした

引っ越しをする際に気をつけたい事

その後何回か都内や沼南方面への引っ越しを何回かしたのですが、東京への引っ越しをする際にこれだけは注意した方が良いと言う事があったので追加で書いておきます

私は特にネットで仕事をしている人間ですので引っ越しの際にネットが使えないとかなり困ります。1日1万円の給料で使えない期間があったら1万x30日くらいのノリになります

ですがですよ、引っ越しの各種手続きを進めて行くと分かるんですがネットの回線を引くと3〜4週間の時間が掛かるんです

これはまじで致命的な内容です

定期的に書いているブログの読者現在800人位を放置になりますし、もちろんネットでのおしごとも止まってしまう

色々探してモバイルルーターを2年縛りで契約したんですが1日1G程度しか使えない

(3時間くらいyoutubeが見れるくらい)ですのでかなり大きな失敗をしたなと感じました

おすすめは1ヶ月以上前にネットの申し込みをしておく事

ソフトバンク光を使っていたのですがau光に切り替えるとかなりキャッシュバックがあり工事費用を無料に出来たり、乗り換えの手数料を相殺出来る位の厚い手当があるのでおすすめです。ネットでの申し込みであれば夜中での申し込みも出来ますし時間の指定も出来るのでおすすめです(電話だと問い合わせのみは出来ずにすぐに申し込み案内に入るので少し余裕を持って申し込みをしたい人はネット予約がおすすめです)

auひかり公式申し込みページ

申し込んでから4週間くらいはリアルに掛かるのでそれまでどうしても使えないという場合にはレンタルで使えるモバイルルーターを借りて1日4〜5時間くらいのネット環境を取り敢えず作っておくのがおすすめです

WiFiレンタル.com 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク