SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

google新広告「ページ単位の広告」設置方法とメリットまとめ

ブログ
スポンサーリンク

 

google adsenseの新型広告「ページ単位の広告」

google adsenseの画面上部にユーザーに対するアナウンス機能があるのはご存知だろうか?adsenseをより最適化する方法やユーザーに対する注意等が書かれているマークがピコンと表示されている

画面の上に新しい広告機能が紹介されているのは気になっていた

でもまあ自分的にはある程度アドセンスの配置は決まって来ているし、正直アドセンスの収益より多くの人にブログを見て貰う為の施策を重点的に行っていきたいなと考えているので敢えて触れて来なかったのだ

だけど知り合いのブロガーとまじいさんが熱心に語っているのを読んで「むむむ、ちょと気になるかも?」なんて思い始めて来た

それだけブログの文章がうまいと言えるのかもしれないし、それだけ身近な人の意見というのは信憑性があると感じられるからだろう

とまじいさん、最近良い味出してるよ

 

google新広告の知識を深める

私はブログ運営に関する情報を集める際にひとりのブログなりサイトなりの情報のみで行動する事はない、出来るだけ多くの情報を集めて「相対的な評価」を知りたいと思うからだ

またこのブログで掲載する際にgoogle adsenseの基本的な設置方法を一から詳細に書くという方向からではなく自分なりの読者への見せ方として調べる中で発見した新広告に関する他サイトの記事を紹介する形で掲載していきたいと思っている

それはまだブログでその話題を出す人が出始めて2,3日がメインの中で、検索からの初期アクセスを取る為に急いで書いた記事だけでは正確な判断が仕切れないと思うからだ

ひとつひとつの記事は詳細に書くと共にadsenseの単価に対する考察も含まれている

それらの情報を統合して考えた上でより正確な情報を見つけて行くのが良いのではないだろうか

 

まずgoogleの「ページ単位の広告」とは何か

googleのページ単位の広告というのは2種類が提供されている様だ

 

アンカー広告(追従型広告)

nendなどに代表されるスマホ、モバイルの最下部に表示されるページ内をスクロールしても追い付いて来る広告という奴だ

これまでの他社のアンカー広告は単価が低い事が指摘されて来た

それでも大きなPV数を稼ぐブログでは数千円は稼いでくれるし一応付けておくという方向の人が多かった、だが1クリックの単価が余りにも低く正直がっかりしている人も多かったと思う

詳細な単価はこちらでは記載出来ないがこれまでの日本で浸透して来たアンカー広告の4倍〜8倍程度の単価が獲得出来るのではないかと予想される

追従型広告はうざくないか?

これはブロガーの気になる所だがこれまで多くのアンカー広告に関する記事を読んでいる限りそこまで違和感を覚える事は無い様だ

必要な動画のスタートボタンを邪魔する形、リンクのクリックを邪魔する形での掲載はスパムとユーザーに判断されてもおかしくないが、基本的には必要な情報を見るのに邪魔にならない範囲で掲載されている

全画面広告とそのデメリットについて

新型広告は基本的にモバイル画面用の広告として挿入される

その際にアンカー広告ともうひとつの広告が「全画面広告」だ

読者がその画面上の気になるリンクボタンを押して外部のサイトに移動する際に画面全体に渡る専用の広告が表示される

これにはわかりやすくスキップ機能が付いている事を考えると

「ある程度馴れてしまえば」ユーザーは馴れて行くのかもしれない

逆に言うとユーザーがこの広告に馴れなければ(日本の中で浸透しなければ)そのサイトへの訪問自体が減ってしまう可能性もある

それを考えた上で使うか使わないかは決めて行った方がいいのだと私は思う

テストリリースされてからまだ日にちが経っていないので全画面広告についても、アンカー広告についてもあとでデメリットについて考察したブログが上がって行く事が予想される、その際にはあらためて記事にして上げて行くなりしていきたいと思う

ページ単位の広告のメリット

ページ単位の広告についてのメリットも上げておきたい

私が感じたのは「長文の記事」であればあるほどその恩恵は大きいのではないかと思う

今現在は記事上、記事中、記事下とアドセンスを貼っている人が多いのだが、実際にクリックされるのは一番文章を見終わった後の離脱するタイミング記事下が多いいだろう

表示位置が高い所の方が単価が高いと言われているので安易に上の方に掲載するのも考えものなのだが長文の記事の場合にはそもそも全部読むのは相当熱心なユーザーだった

長文でより正確な情報を提供する事でアクセスは増えるが、広告は見られない可能性が大きかった。その点を考慮してもより「正確な情報を読みたい読者にも」「広告も読み手に見せたい書き手にも」優しい広告であると言えるのかもしれない

 

通常アドセンス広告は1ページ上で3つまでだったがモバイル広告に関してそれにプラス1つ追加出来るというのも嬉しい所だ

googleの新広告記事掲載ブログまとめ一覧

「とまじぃさんち」

googleの新広告アンカー広告、全画面広告についてユーザーの視点を交えながら解説

とじいさんはご本人が「人柱気質」と話されている様にアドセンスに関する色々な事柄をご自分でも試行錯誤しているので今後もどの様な結果が出たのか掲載する事が期待できます

www.toma-g.net

「ポジ熊の人生記」

アドセンスについて研究している熊ちゃは今回も記事に上げてくれました

アドセンスのアンカー広告の設置方法について書くと共に収益性に関してもデータと共に言及している

これまでnendや忍者広告を使った上でどのような違いがあるのかをグラフのキャプチャーを元に解説している

www.pojihiguma.com

「嗚呼、学習の日々」

ページ単位の広告の設定とはてなブログでの設定に付いて

またページ単位でのアンカー広告の表示を確認した際に携帯端末から「#googleads」というタグを設定しないといけない旨が実際に試行した上でキャプチャと共に書かれている

hatena.aaafrog.com 

「いつもむかいかぜ」

ページ単位の広告の設定から解説までキャプチャと共に掲載

その際に全画面広告のキャプチャもぼかしを入れて掲載している

www.mukaikaze.net

「あれやこれやそれ」

Googleの新型広告の連絡から自分でも実際に試してみたと言うエントリー

広告の設置方法が軽快な文章で書かれている

honeysuckle.hatenablog.jp

最後に「ページ単位の広告」一覧について

ページ単位の広告の詳細について書かれているエントリーをいくつか集めてみました

ネット上で検索するとまだ公に話題になっているというより「はてな界隈」でアクションの早い人が記事に上げているのが見て取れます

このエントリーを読んだ人も結構早い段階でその内容を知れたのではないかと思ったり

あとはブロガーの方々ですので今後もその後どんな展開が待っているのか、単価や収益、メリットデメリットなど気になる所も読めるのではないかな〜という期待も含め自身のメモとして記事に残しておきたいなと思います

 

おすすめの記事

shijinblog.hatenablog.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク