SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

海外在住のブログで稼ぐ日本人ブロガー達を一覧にしてみたよ

スポンサーリンク

 

海外在住のブログで稼いでいる日本人達

f:id:gustave_buzz:20160612172239j:plain

ブログをやっていると時々思う事がある

ブログやネットでの仕事を通して自由な時間を持つ事が出来れば、海外でのんびり暮らしながら生きて行く事は出来るのかなと言った類の話である

どこか夢の様な話だけれど調べて見ると実際にそういったブログの稼ぎで生活しているプロブロガーも存在している事が分かった

そうやって考えてみる、想像するだけでもとても夢が広がるのではないだろうか

せっかくなので海外在住の日本人プロブロガーを一覧形式にしてみたいと思う

Last Day. jp-またよしれいさん

www.lastday.jp

 1983年生まれ、沖縄出身のご両親の元に生まれる

大学時代はカリフォルニアの大学へ留学するも大病を煩い帰国、15時間の手術を2回行ったとプロフィール欄では書かれている

大学卒業後には外資系の証券会社に行くつもりだったが大病が原因で思う様に体が動かなかった事をきっかけにインターネットの世界に挑戦する様になった様だ

初心者ながら2ヶ月でiphoneアプリを制作し、その経験を元に「C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと」を出版している

 

現在は東南アジアを中心に活動し、沖縄と東京のデュアルライフを行っている様

ブログの内容は旅で役立つ情報や、海外で便利なSIMカードの紹介等

想定PV数は36万PV〜(以下simillarwebを元に参照)

流入元

ダイレクト-9.29%

リファレンス-5.95%

サーチ-79.6%

ソーシャル-1.88%

Genki-wifi-ゲンキさん

genki-wifi.net

ゲンキさんはドイツでブロガー兼イラストレーターとして活躍している

メインのお仕事はイラストレーターの仕事だがブログを自身の名刺、情報の発信ツールとして利用されている

この方のこれまでの経歴を描いている漫画「僕の半生」が尋常じゃなく面白く、私は20話一気読みしてしまった。これまじでガチ面白いのでおすすめです

読むだけでその人のファンになってしまうってある意味すごいブログです

genki-wifi.net

想定PV数は12万PV〜

流入元

ダイレクト-23.21%

リファレンス-25.09%

サーチ-33.44%

ソーシャル-18.27%

ムショクでチョキン0だけどタイのホテル移住-付利意雷布亜氏

言わずと我らがはてなブログの「付利意雷布亜」ライファー氏のブログ、彼がアフィリエイターとして事業を始めるまでにどんな経緯があってそこに至ったのか赤裸々な内容がプロフィール関係のエントリーでは書かれている

主にタイ関係の内容を書かれており、元々タイに興味が無かった人でも読みやすい形で海外の生活を楽しんで読める内容となっている

気になる記事は全記事読んだと思う、本気で何かに挑戦して海外に飛び出したライファー氏のブログは興味深くふと時間のある時に読み返したくなる様なブログだ

freelifer.jp

SEKATABI-ゆーたろーさん

sekatabi.net

タイのパタヤと日本を行き来してデュアルライフを送っているプロブロガー

海外のノマドで生きる方法やタイ旅行、ホテル情報等を中心に掲載している

在学中に2回のタイ訪問、1年間のタイでのインターンシップを通してタイに在学中にほぼすべての場所を回ったとプロフィールでは書かれている

2013年〜2年間タイの日系の不動産投資会社のマネージャーを勤め、その後ブロガーとして独立している

想定PV数は22万PV〜(以下simillarwebを元に参照)

流入元

ダイレクト-13.36%

リファレンス-7.17%

サーチ-74.25%

ソーシャル-4.75%

他の海外在住ブロガーもそうだがサーチ(検索エンジン経由)でのブログのコンセプトにあった良質な訪問者が多いい様なので、ブログでする何らかの商品の紹介やサービスの紹介とマッチする事で15万PVであってもブロガーとしてしっかりと安定した収益を出す事が出来ている印象だった

kankeri02のノマド生活

www.kankeri02.com

5年間のネットワーク関係の営業を経てエストニアに移住

ただエストニアでの起業ビザを取得する事が困難だった為に現在は韓国人のお嫁さんと日本-韓国を舞台にブログ収入で生計を立てている様です

海外で活躍するブロガーの方を見ているとアフィリエイトにも力を入れているのが見て取れます

2012年より独自ドメインでブログを開始、2014年11月に10万PVで月収30万を稼いでいる様です

やはりある程度「売る」という方向を持たせた記事を書いている方がブログでやっていけている様にも感じますね

想定PV数は15万PV〜、日本からのアクセスは78%、他国のギニア、台湾、スペイン等のアクセスがある事がとても気になりました。海外在住の日本人の方が見ているのかもしれません

流入元

ダイレクト-24.98%

リファレンス-7.76%

サーチ-51.07%

ソーシャル-3.54%

metroglph

sagadylan.com

アメリカニューヨーク在住のブロガー様、2011年よりアメリカ在住でブログが思わぬ進展を迎えた事から、ブログと言うメディアを通してweb、空間、コンセプトデザイナーとして活躍されている様です

2016年4月末からアメリカ横断をしておりとにかく写真が綺麗!、ブログのデザインも洗練されていて本来ブログってこういう方向に向いていていいんだよなって思わせられるブログでした

想定PV数は11万PV〜

流入元

ダイレクト-32.70%

リファレンス-6.59%

サーチ-53.3%

ソーシャル-74.1%

元コンサルタントの歴史家

私の最近注目しているルーキーはてなブロガー伊藤智央氏のブログです

ブログがメインのお仕事ではありませんが今後の展開に結構期待しています

東大卒、ドイツの大学院を出てコンサルティングファームに詳しいプロフはブログのプロフィール欄より引用させて頂きます 。かなり筆者の考え方等参考になる部分も多く今後成長していくブログではないかと思って読ませて頂いています

私について

東京大学法学部卒業(法学士)

ジーゲン大学大学院卒業(歴史学修士)

某米系コンサルティングファームで勤務

ボン大学大学院博士課程在籍中(専攻:近代日独軍事史)

たった四行ですが、これを書き下すと次のようになります。

学部時代は、法学部でありながら法律が好きになれず、政治を専攻。 第三外国語がフランス語にもかかわらず、独学でドイツ語を勉強し、ドイツに留学。

ドイツの田舎町にて、ドイツ史で修士号取得。テーマは、ワイマール共和国期の国防軍のイメージ戦略。

その後気が狂ったのか、コンサルに興味を持つようにもなり、コンサルの世界へ飛び込む。 コンサル会社では主に、中期経営計画策定支援、マーケティング戦略策定支援のプロジェクトに従事。

しかし傲慢にも、コンサルで勉強できる・したいことはすべて学び取ったと感じアカデミックな世界へと舞い戻る。

現在ドイツ在住9年目で、ドイツで博士論文執筆中。なるべく早く終わらせるべく日々研鑽しております。 著書として『ルーデンドルフ 総力戦』があります。ドイツ史関連ですが、わかりやすく書いておりますので、お手にとってご覧ください。

引用:元コンサルティングファームの歴史家より

www.ito-tomohide.com 

その他の海外在住ブロガーのブログ

WEBクリエーターボックス

Webデザイナー+WebデベロッパーのManaです。日本で2年間グラフィックデザイナーとして働いた後、カナダ・バンクーバーにあるWeb制作の学校を卒業。カナダやオーストラリア、イギリスの企業でWebデザイナーとして働きました。現在クリエイター専門の留学サポート企業「Frog」で素敵な広報担当してます。引用:WebクリエーターボックスProfileより

www.webcreatorbox.com

バンクーバーのうぇぶ屋-Sennnaさん 

2008年よりカナダのバンクーバーに渡りWEB制作業を営んでいます。日本で高校卒業後にWEB制作者として都内で制作会社勤務の後、カナダへワーキングホリデーで渡加後、就労、永住権獲得、フリーランス、その後起業。日本へも頻繁に帰国しています。引用:バンクーバーのうぇぶ屋 Profileより

webya.opdsgn.com

 和ごころLA

見渡せば田んぼばっかりのド田舎で育った私。

だけど心の中はいつも、海外ドラマの世界への憧れでいっぱいでした。 高校卒業後、渡米を試みるも、諸事情により断念することに。 あとひとつ、勇気がなかっただけかもしれません。 夢破れ、次第に日本の生活に流されて、気づいたら大手メーカーのOLしてました。 転機は、2011年。 中学から付き合っていた彼と結婚するかの決断のとき、自分の人生について、考え直しました。 ずっと行きたかったアメリカ。 そして行ったことないアメリカ。 このまま結婚して、その夢を叶えないままでいいのだろうか・・・? ずっと長い間悩んだけれど、 最後は彼が、私のために背中を押してくれました。 自分の人生において、「本当に大事」なものに気付かせてくれたアメリカ。 その彼は、今ではほかの幸せを手にし、 お互いそれが一番ハッピーな結末だったんだと今は感じています。 だから、私は、アメリカに来たことを、まったく後悔していません。 私の人生において、一番良かったことは「アメリカに行く、決断をしたこと」だと思っています。引用;和ごころLA Profileより

la-life.info

 Borderless World 

現在私はマレーシアのクアラルンプールに在住し、現地の企業で就業しております。 やはりメインとなるのは、クアラルンプールを中心としたマレーシアの情報。 その他、旅行などで訪れる近隣諸国の情報や、海外での就職や移住にも役立つ情報を取り上げてます。 と言っても、私もずっとマレーシアに住み続ける予定はありません。 住むエリアと共に主要コンテンツが変わることは十分あり得るでしょう。 しかし「Borderless World」がこのブログのタイトルであり、根底にあるテーマ。 どこに行ってもそのテーマは変わらず、日本や海外と言った垣根を超えて羽ばたく人に向けたコンテンツを公開していきたいと思います!

引用:Borderless World profileより

borderless-world.com

FPが考えた!海外移住と世界旅行 ~タイのパタヤからのブログ

学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

引用:FPが考えた!海外移住と世界旅行 ~タイのパタヤからのブログ Profileより

FPが考えた!海外移住と世界旅行 ~タイのパタヤからのブログ

 べとまる

何のためにやってるの?

文化の違いを楽しむ人をふやすためです。

ベトナムの常識は日本の非常識であり、その逆もまた然りです。 べとまるはベトナムを舞台(またはテーマ)にしていますが、「フォー」や「アオザイ」や「ハロン湾などの世界遺産」といった観光の面を紹介する以上に、ベトナムと日本の文化の違いに焦点を当てています。

異なる文化に対し、違うから避けるのではなく、違うから交わること。 べとまるは、そんな理念に基づき行動をする人をふやしたいと思い、また応援しています。 「だったら札束風呂に入ったりドリアンを被る真似は何なんだ」と言われると…あれは趣味です。

運営する人

運営する人は、 ネルソン水嶋です。 1984年2月大阪生まれ、2006年4月に就職とともに上京、2011年11月からベトナムで暮らしています。 好きなベトナム料理は、「バインセオ」と「カオラウ」です。 好きな番組は、「吉本超合金」と「ワールドダウンタウン」と「働くおっさん劇場」です。 好きな漫画は、「宮本から君へ」と「不思議な少年」と「ディアスポリス」と「殺し屋1」などです。 そんな経歴と趣味の人間が運営・よく執筆しています。引用:べとまる Profileより

www.vietmaru.com

 

☆おすすめの記事

shijinblog.hatenablog.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク