SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

はてなブログの黙示録-はてなブログ初心者におすすめの参考になる記事一覧

ブログ

はてなブログ初心者へ向けて半年掛けて書いた参考になるブログ記事を順を追ってまとめてみました

はてなブログを2016年1月にはじめてから5ヶ月が経ちました

私はブログのテーマを絞って来た訳ではないのですが、はてなブログの初心者の方、ライトユーザーの方にブログ論の参照しましたよという言及記事を頂く事も多く、そういった事も踏まえて後からはじめたブロガーの方へ向けて参考になる記事を書けたら良いなとブログ運営について綴って来ました

定期的に読んで頂いている方、参考になったよと言って頂ける方には、読者以上に私はその方達から大きな影響や元気を頂いている気がします

この5ヶ月を通して書き貯めて来た記事の中には新たに読みに来てくれた方には埋もれてしまって読めない記事も多くあるのではないかと思っています

以前よりブログ論、ブログ運営の記事をまとめたエントリーをしてみたいなと思っていましたので、ここで一度順を追って見やすい形でまとめていきたいと思います

ブログをはじめたばかりの初心者の頃に読んで欲しい記事

ブログをはじめたばかりの頃は右も左も分からずにいるのではないでしょうか

普段の日記の様にブログを使いたい方、ブログ飯を目指してブログをこれから頑張っていきたいと思っている方は何からはじめていいのか、自分が書くべきもの取るべき行動も分からないのではと思います

そんな方へ向けた記事から紹介して行きたいと思います

ブログ名の付け方について考えてみよう

まず最初にはじめるのはidを決める事とブログ名を決める事

ブログ名はどうやって決めたら良いのかな?

はてなブログの人気のブロガー100名を見てみるとある一定の方向性が見えて来ますよ

キーワードはニックネーム、テーマ、属性を考慮してみよう

shijinblog.hatenablog.com

他の無料ブログサービスと比べたはてなブログのメリットやデメリット

ブログのサービスって色々あるけどはてなブログってどうなのかな?

友人にははてなが良いって言われたけど、ネットで調べてみたらはてなブログもいいしワードプレスもいいって書いてあったりしたんだよな

なんか迷っちゃう、どうしたらいいのかな

shijinblog.hatenablog.com

 はてなブログをはじめたけど表示速度が重い

はてなブログをはじめたばかりだけど、なんだか思ったよりも速度が重い

その時に考えられる理由と対処方法はArchive形式にする、処理速度の重い動画が理由かも

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログの読者登録ボタンの配置について

はてなブログの読者登録ボタン、何も考えずにデザインテーマを選ぶのと、考えた上の配置では1,5〜2倍くらいはリピーターの付き方に差が出て来るかもしれないよ

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログ初心者が読者数やアクセス数を増やすには

はてなブログをはじめて見たけど誰も見に来てくれない

なんかブログって思ったのと違うなって悲しい気持ちになっていませんか?

ちょっとした自分のアクションで人との繋がりを作るきっかけが出来るかも

その繋がりは最初の一歩目で大事な一歩目かもしれないよ

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログで何を書けばいいのかわからない

はてなブログでどんな事を書くのかはあなたの自由、でももしその記事を読んでくれている読者の方が出来はじめたなら、自分の好きで書いてみた記事をもう一度読み直して欲しい。どんな記事にコメントや反応があったのかな?

そういう風に考えながら自分の記事を読み返して行くと自分も興味があって、他の人にとっても興味のあるものが見えて来るかもしれないよ

shijinblog.hatenablog.com

ブログに関して右も左も分からないからブログのサロンて入った方がいいのかな?

ブログのサロンにお金を払って入ってもなかなかその第一人者の様には出来ないかもしれない、それはその人だからこそ出来た事でもしかしたらその内容は自分には向かないかもしれない

ネットで気になる事を自分で調べてみるのってすごく大事な事

ひとつずつクリアしていく事でもしかしたら一歩ずつ成長出来るんじゃないかな

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログのおすすめのブログってあるのかな?

はてなブログってホットエントリーとかで色々なブログが上がって来るけど、いまいちどのブログを読んだらいいのか分かんないな、、

もし参考になる様なブログがあったら読んでみたいな

私の読んでいるブログをちょっと面白くゲームの職業に例えて紹介してみたよ

みんな人気のある人達でもしかしたら参考になるブログも見つかるかも?

shijinblog.hatenablog.com

はてなブロガーのおすすめの書籍

「自分メディア」はこう作る!大人気ブログの超戦略的運営記

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト

ニートの歩き方 ―お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

はてなブックマークとtwitterの連携をしていない、それだけで簡単に自分の個性が出せるのにもったいない!

はてなブックマークとtwitterの連携をまだやってない?それってすごくもったいない事かもしれないよ!

普段自分の記事をtwitterで流すだけじゃ他の人からはbotみたいな印象になってしまうかも!少しでも自分らしさをtwitterを通して出せる簡単な方法がtwitterとはてなブックマークの連携かも

shijinblog.hatenablog.com

twitterを使って人気ブロガーがしている事にちょっと着目してみよう

誰でも簡単にtwitterを使って簡単にアクセスアップが出来る、人気ブロガーがやってる事ってもしかしたらすごく計算されてやってる事なのかもしれないね

すごく簡単に出来る毎日のアクションをひとつだけ増やしてみたらどうかな

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログでFeedlyって使っていますか?

はてなブログには読者登録機能やtwitterのフォローボタンを簡単に設置出来る様な形になっています、けどFeedlyって案外設置している人は少ないもの

だけど自分が設置していなくても思ったより多くの人が自分のブログをFeedlyに登録してくれているんですよ?ちょっと驚いちゃうかもしれないですよね

ボタンを設置するだけでこれまではてなブログ外でフォローしてくれなかった人も読みに来てくれるかもしれないですね

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログのアイコンって本気でやるなら作った方がいいのかな?

はてなブログのアイコンて可愛いのとかおしゃれなのとか人気のあるブロガーさんはみんな持ってるんだよね、オリジナルのアイコンって必要なのかな?

誰に頼んだらいいんだろう?どんな感じで頼むのかな?

印象的なアイコンがあるかないかで、もしかしたらそのブログがどれだけその人の心に残るのか変わるかもしれません。簡単な話依頼料を超えるだけでの収益がブログで上がればアイコンのイラストを描いた効果はあるのかもしれませんね

実際にブログのイラストアイコンをお願いしてみてどんな感じのやりとりだったのか、どんな効果があったのか記事で読んで行きましょう!

アイコンを作る際の注意点なども少し分かるかもしれませんね

shijinblog.hatenablog.com

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログの注目のブログってどうやったら載れるのかな?

はてなブログの注目のブログっていうのがあるって聞いたんだけど、どうやったら載れるのかな?

やった!はてなブログの注目のブログに載れた!

はてなブログの注目のブログに載れたら嬉しいですよね、どういう構造で掲載されるのか少し一緒に考えてみましょう。載れても浮かれるのはまだ少し早いですよ、注目のブログに載っている今だからこそ出来る事、やっとかないともったいなですよ!

はてなブログの注目のブログに載る条件や期間を一緒に見て行きましょう

shijinblog.hatenablog.com

この辺からブログを書きはじめて1ヶ月〜1年未満の中級者向け

ブログを毎日更新しはじめて3ヶ月くらい経ったのかな、周りのブログは成長してるらしいけど自分のブログはなかなか前に進めてない気がする

更新したら定期読者の人やはてなブックマーク経由で人が来てくれるけど、googleの検索からはなかなか人が来てくれないな

なんだかちょっと悲しいかも、、

ブログの78%は1日50PV未満、アクセス数1日500以上の方は上位3%に入るそうです

でも筆者が思うに、ちょっとしたひと手間を掛けるだけで月に5万PVくらいなら誰でもいけると、基本的な事を押さえるだけでも変わって来るんじゃないかなと思っています

そんな人に向けた記事を紹介して行きたいと思います

ブログのアクセスアップのコツ

人気ブロガーの人みたいに安定したアクセスがあるのってなんだか憧れちゃう

どうやったらそんな風な記事が書けるのかな?

それって実は「ちょっと視点を変えて」他の人の記事を読んでみると変わるのかもしれないよ

実はあの部分を見るだけであの人気ブロガーの稼ぎ頭の記事が分かっちゃうかも

実はどのブロガーの人もアクセス数に大きく貢献しているのは2割か3割の記事だったりするのかもしれないね

shijinblog.hatenablog.com

良質な記事を書ける様になりたい、でも良質な記事ってそもそもどんなの?

人にたくさん見て貰える記事がやっぱり書いてみたい

でもどうやったらそんな記事を書けるのかな?

ブログの書き方や考え方でそのブログの価値ってがらっと変わると思うんだ

この記事はぜひ通り掛かりの人にも読んで欲しい記事かな

ポイントは誰かの悩みを解決出来ているか、それとちゃんと道しるべを作っているかかな

shijinblog.hatenablog.com

google検索で上位に表示されるってどうしたらなれるの?

検索の上位に表示されるとすごいらしいけど、そんな事って自分にも出来るのかな?

google検索で上位に表示されるって実はバズるよりも全然意味のある事だと思うんだ

実は旬なキーワードなんかだと上位に表示されただけで1記事で1日1万PVなんて事も、上位表示出来て感じたきっかけや考え方を一緒に考えてみよう

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログのタイトルの付け方や見出しの正しい使い方を覚えてみよう

タイトルの付け方ってすごく迷っちゃうんだ

みんなどうやって決めているのかな?

もしかしたらタイトルの付け方ひとつであなたのブログは一新されるかもしれないよ

それぐらいタイトルって大事な要素なんだ

実は検索経由で訪問者が来ないのは、そこに来る為の行き方がブログに書かれていなかったからなのかもしれない

せっかくだしタイトルの付け方やはてなブログの見出しの付け方も一緒に勉強しよう

shijinblog.hatenablog.com

ブログの記事のタイトルの付け方、少しだけコツがしりたいな

でもでもやっぱり記事のタイトルの付け方少しだけコツを教えて貰いたいな

だって色々な案が思い浮かぶけどどれがいいのか決め切れない

それにどんな付け方があるのかも知っておきたいな

ブログの記事タイトルの付け方は左寄りに重要なワードを、2,3個に絞って記事に則した物を選ぶと間違いないと思うよ

他にも数字を使ったり、おすすめなんて相性のいいキーワードをいれるのもおすすめかもしれないね

shijinblog.hatenablog.com

shijinblog.hatenablog.com

人気のブロガーさんてどうして人気になったのかな

人気のブロガーさんて色んな人がいるけどどうやっていまみたいに成長で来たのかな?

人気のブロガーさんはもしかしたら「タイミング」や「ターゲティング」、「マーケティング」に優れているのかもしれないね

特にマーケティングに関して意識するのって実はすっごく大事な事なのかもしれないよ

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログのホットエントリーに載るってどんな感じなのかな?

はてなブログのホットエントリーってどんな風なんだろう

噂には聞いた事があるけどあるけどそのきっかけとか、条件とか知りたいな

shijinblog.hatenablog.com

 バズる記事ってどうやって書けばいいのかな

なんかみんなバズったとか話を良く聴くけどそんな事私に出来るのかな?

ブログって起承転結を書くという考え方もあるけど、実は最初に結論を持って来たり、最後を結にしないことで相手への伝え方って変わるのかもしれないよ?

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログPROに興味がある方向けの記事

はてなブログのPROにするメリットってあるのかな?

興味はあるんだけどまだ踏み込めないんだ

はてなブログにする際にこのくらいのPV数があるならPROにした方がいいとかそういう指標とかも知りたいな

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログPROにして少し経った、独自ドメインにするかどうか迷ってます

はてなブログのドメインは今現状は高いドメインパワーを持っていると言われているよ

実際に使っていくとキーワードによっては簡単に上位に表示されているかもしれない

でも独自ドメインにすると一気にアクセス数が下がったっていう報告も上がっているから、少しだけ立ち止まって自分が独自ドメインでもやっていけるのかリサーチして考えてみるのも大事かもしれないね

あとは他のブログサービスに移せるのが独自ドメインのメリットだけど、そこには注意点もあるからよく確認してから独自ドメインにしてみようね

shijinblog.hatenablog.com

スマホ画面に余計なリンクが入ってる、はてなブログPROにしてみたんだけどどうやったらこれ取ることが出来るのかな?

はてなブログPROにしたのはいいんだけどスマホ画面に余計なリンクが入ってるんだよね、これってどうやったら取れるんだろう?

設定を見ても取れそうにないんだけど、、

簡単なコードを書き込むだけでちゃんと余計なリンクは取ることが出来ますよ

とっても簡単なので一緒に見て行きましょうね

shijinblog.hatenablog.com

はてなブログでブログをマネタイズしたい方向けの記事 

アフィリエイトってよく聞くんだけどはてなブログでも出来るのかな?

アドセンスを貼っておくのとは何が違うんだろう?

ブログとアフィリエイトのサイトの決定的な違いは本文の最初から物を販売する事に主眼を置いているか置いていないかですね

まずはどんな所に違いがあるのか一緒に見てみましょう

(ブログマネタイズはもう少し詳細な情報と例を挙げて今後新しく記事を書き上げて行きたいと思います)

shijinblog.hatenablog.com

 アフィリエイトの事もう少し詳細にしりたいかも?

アフィリエイトでわかりやすい例はペラサイトアフィリエイトかもしれないね

1ページだけのサイトでその中に必要な要素が全部書かれているんだ

だからその欲しい情報を求めている人に一番大事な情報と共に自分の紹介したいサービスも一緒に紹介する事が出来るんだよ

そう考えて見ると一昔前アフィリエイトって怪しいイメージがあったかもしれないけど、必要な人に情報と一緒に届けてあげると喜ばれるのかもしれないね

shijinblog.hatenablog.com

上級編は今後加筆予定です

上級編や初級中級のもっと踏み込んだ内容は今後ブログでエントリーの上「はてなブログの黙示録」でも加筆予定です

このエントリーを読んでこれまで分からなかった事を解決出来た、ブログのアクセス数を上げる方法が少し掴めた、ブログを楽しんで書けるきっかけが出来たと読んでもらった方に思って貰えたら嬉しく思います

この記事は無料で開かれた参考書、参考の資料として使って貰えたらと思っています

関連書籍

人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

Google AdSense 成功の法則 57

ブログが日記からコミュニティに変わる時

ブログ

ブログと日記

f:id:gustave_buzz:20160817213316j:plain

ブログの元々の印象としては日記だった様に思う

mixiが全盛の時代に日記を付ける事の面白さを知った

更新して行くと気付かぬうちに訪問者が現れてコメントを残して行く

そのコメントを通して交流がはじまりマイミクが増えていった

今でも以前マイミクだった方の中で一部の方はmixiで日記を書かれていて、半年に1回位はふと思い立って覗きに行く事がある

 

だが私はある時にmixiを離れていった

mixiやfacebookをはじめとするSNSは基本的に秘匿された環境

自分の限られた友人へ向けてのメッセージと交流の場だった

そんな中で流行色の強いSNSは爆発的に人が増えて、そしてある時を境に人が離れていき、どんどん静かになっていく、その空間に耐えられなくなった自分はいつの間にかその離れた人達の一部になっていた

 

mixiが廃れfacebookに流れた人々、あれから5年以上経った今ではfacebookは落ち着いてしまってinstangramをはじめとする新たなSNSに人は動き始めている

 

そんな中でひさしぶりに触ったブログは予想以上に新鮮だった

自分の日常を鮮やかに綴る人々と読み手のコメント

そこにはその書き手を中心とした人の集まりが出来ていた

 

SNSに疲れた人達の原点回帰

読み手の人の中にはSNSに疲れてしまった層の人もいるのではないだろうか

mixiは廃れ、facebookは友達が増えるごとに本来交流したいであろう、

本当に仲の良い友人への投稿が中途半端な友人にまで読まれてしまう事による、「本音が出せない飾りの場」になっていった様に私は感じた

もはや共通の友人を介したSNSには疲れてしまった

 

ブログと言う点在する星達

ブログって本当に不思議だと思う

はてなというサービスを通してブログを作成している為、同じ様にはてなブログを利用しているユーザーが来訪者としては最初は多かったのだが、ブログで何か質問を投げ掛けたりした時に反応したユーザーの多くはワードプレスでブログをやっている人だったり、海外で働いている人だったり、しっかりとしたライターの方だったり

ともするとまったく予想をしていなかった様なユーザーの方が読んでくれている事を知った時には本当に驚いた

 

「ブログは点在する星々の様だ」

 

そう形容する事しか出来ない様に感じる

それぞれの星達は自分がそこにいる事を必死に誰かに伝えようとしていて

その光を遠くの地球という星で受けとっている様な、そんな感覚を覚える

それは過去に発せられた光だったり、強い太陽の光に反射する月の光の様だったり

それぞれの人々の言葉がいつか誰かの元に届いて行く

なんて不思議なんだろう

 

交流する事の面白さや文章を書く原動力

はてなではよく話題にあがる互助会の話(ブックマークを付け合うのはどうなのかというブロガーとブックマーカーのあれこれ)などがあるが、やはり人と交流する事の面白さがあるからこそこのブログサービスも発展したんだろうなって思う側面がある

 

オンラインゲームをやった事がある人は分かると思うのだが、リリース後人気を博すと人が集まり一気にゲームの熱量は膨れ上がって行く

中には相当な金額を費やしてランキングを駆け上がりゲームの中で存在感をひときわ際出せる人もいる

その熱量がどこから来るのか、それはやはり周りとの交流や周りと比較した時の存在感を際立たせたいという気持ちがゲームへの熱量を与えているのだろうと思う

何物にも変えられない価値がそこにはあるのかもしれない

 

ブログのコミュニティ化は止まらない 

ブログは多くの場合最初は数人の訪問者がいれば良い方で

訪問者が全然無い時期が長い人も少なくはない

検索上でも検索エンジンの性質としてどこからからの何らかのリンク、流入無くして機械的にも存在を確認して貰い評価してもらう事は難しい

だが続けて行くと訪問者との交流、その訪問者同士の交流が生まれて

その規模が大きくなるに連れてコミュニティとしての性質を帯びて来るのではないかと最近は感じている

記事そのものもそうだが記事に対するあれこれの議論を見るのが面白くて好きだと言う人も多いのではないだろうか

記事とSNSでの反応、記事そのものだけではなく記事と周りの人の言葉のその総体がひとつのコンテンツを作り上げて行くのだとしたら、、

それはコンテンツのオリジナル性をより広げていく物になるのかもしれない

 

競合の多いキーワードだと情報量以上にいかに色々な切り口から考察されたコンテンツなのかという事が検索上でも重要視される

そんな中、多角的な視点で語る、読み手に伝えるという点においても、その人の周りに人が集まって議論を深める事でそのコンテンツはより多くの人々の視点で消化され完成度の高い情報となって行くのかもしれない

 

ブログはただの日記から読み手との交流を経てコミュニティへ変わっていく

その先にあるものが何なのかはまだ誰も知らない、、

 

オススメのエナジードリンク「モンスターエナジー」はやばい!

エナジードリンク

エナジードリンク「モンスターエナジー」 

 

 

やばい、まじでやばい!

何がやばいってやばいんですよ(笑)

実は最近かなりモンスターエナジーにハマっています

 

モンスターエナジーって皆さんご存知でしょうか?

エナジードリンクの人気って結構あって、飲料水メーカーがこぞって参入、注目を浴びていた時期とかってあったと思うんですよね

他の分野の炭酸飲料の需要が下がる中、お茶があらためて注目されている、エナジードリンクが注目されているなんて感じで

エナジードリンクって私の中で200円以上する物が大半で高級品っていうイメージがあったんです、まあ実際に高いんですけどね(笑)

 

はじめて飲んだのがここ1ヶ月くらいの事なんですが、たまたま同僚の子数人が毎回仕事に来る際にモンスターエナジーを袋に入れて持っていて

いや〜そんなにうまいの?って感じで少し聞いてみたんですよね

そしたら「元気が出る」って言うんですよね

まあそりゃエナジードリンクだし元気は出るわなと

ただちょっとだけちょうだい?とか年下の後輩にいうのもなんなんで帰りに買ってみたんですよ

そしたら見事にハマりました(笑)

結構衝撃ですよまじで

モンスターエナジーアブソリュードゼロ

私が飲んだのはブルーの、モンスターが引き裂いた様なMの文字が特徴的な「モンスターエナジーアブソリュードゼロ」というゼロカロリーの奴でした

飲み口がすっきりしてて「くっ!!」という感じ

「ぷは〜!!」って感じではないんですがしっかり効いている炭酸と甘過ぎない飲みやすさ、ブレンドされている香りが味わいと共に喉を突き抜ける様な感じでした

カフェインや活力を与えてくれる様な栄養成分が入っているので「朝だっる」、こんな状況の時に飲むとかなり効き目がありますね

したくなくても仕事の日はやってくるので

そんな時、眠気が飛んでやるぞっていう思いっきり「戦闘態勢」にさせてくれます

裏書きで開発までの秘話みたいのが載っててゼロカロリーでモンスターエナジーの味わいを出す為に何回も試行錯誤したって事が興味深く書かれているんですが納得出来る味わいだなと感じます

栄養成分

by カエレバ

原材料:高麗人参根エキス、L-カルニチンL-酒石酸塩、塩化ナトリウム、ガラナ種子エキス、クエン酸、香料、クエン酸Na、L-アルギニン、保存料(安息香酸)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、カフェイン、ナイアシン、着色料(アントシアニン)、イノシトール、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12

モンスターエナジー

これが一番最初に出たモンスターエナジーの元型、うちの近くの自販機に置いてあるんでコンビニまでいくのがだるい時はこのノーマルのを買っています

取り敢えずモンスターエナジーという感じ

個人的にはアブソリュードゼロ、ウルトラの方が好きなんでそっちを試すならおすすめしたいですね

栄養成分

by カエレバ

原材料:砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、高麗人参根エキス、L-カルニチンL-酒石酸塩、塩化ナトリウム、ガラナ種子エキス、クエン酸、香料、クエン酸Na、甘味料(D-リボース、スクラロース)、L-アルギニン、保存料(安息香酸)、カフェイン、ナイアシン、着色料(アントシアニン)、イノシトール、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12

モンスターエナジーウルトラ

モンスターエナジーウルトラは飲み口はすっきりしていて果汁は入っていないんだけどグレープフルーツジュースの炭酸入りという感じ

確かこれもアブソリュードゼロと同じで0カロリーで

結構美味しい飲み口でさっぱりしているので仕事終わりによく飲んでいます

デザインが特徴的なんですよね

栄養成分

by カエレバ

原材料:高麗人参根エキス、L-カルニチンL-酒石酸塩、塩化Na、ガラナ種子エキス、クエン酸、L-酒石酸、クエン酸Na、香料、L-アルギニン、保存料(安息香酸)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、カフェイン、乳化剤、ナイアシン、パントテン酸Ca、イノシトール、ビタミンB6、ビタミンB12 

モンスターエナジーカオス

ただのフルーツジュースでは満足出来ない人に飲んで欲しい

そんな感じの事がラベルに書いてあります

よくこんな言い回しが出来るなと感心するのですが開発者達はそれだけ1本1本にこだわっているんだろうなというのが伝わって来ます

オレンジがメインの風味でタンジェリンという謎フルーツが入っているのですが、フルーティーなエナジードリンクという感じ

アブソリュードゼロ>ウルトラ>カオスという感じで飲んでますね

仕事の無い日にぶらっと手に持って出先で飲んでる事が多いいです

栄養成分

by カエレバ

原材料:果実(りんご、オレンジ、もも、タンジェリン、パインアップル、ぶどう)、砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、高麗人参根エキス、L-カルニチンL-酒石酸塩、塩化Na、ガラナ種子エキス、クエン酸、香料、炭酸ガス、甘味料(D-リボース、スクラロース)、L-アルギニン、カフェイン、クエン酸Na、着色料(β-カロチン、アントシアニン)、ナイアシン、イノシトール、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12

 

皆さんは普段エナジードリンクとか飲んだりしますか?

おすすめのドリンクとか好きな味があれば教えて下さいね^^

Amazonギフトカードをネットで安く購入、換金するならギフルがおすすめ

Amazon

Amazonギフトカードを安く購入、販売

ブログでAmazonアソシエイトなどに参加しているので比較的色々な商品を買っている人がいるんだな〜といつも履歴を見ながら感心している人なんですがAmazonギフトカードや、GooglePlayのカード等を安く購入出来るサイトがある事をはじめて知ったので少しブログに書いて見ようかなと思います

 

見つけたのはギフルというサイト

通常ギフトカードは必要な金額分を相手にEメール形式でプレゼントしたり、通常の記載価格で購入したりするんですが、ここでは最大30%まで値引きした価格で買えるとの事、それって結構すごいなと思ったしだいです

皆さんもAmazonを使われる方は増えて来ている印象なんですが、Amazonでは普通に店頭で買うより安く買える場合が多いいんですよね

普通の店舗であれば土地代や人件費が掛かって来るので当然原価が押し上げられてしまうんですが、Amazonの場合にはネット販売だからこその低価格で買える商品がたくさんあります

書籍は元よりコスメや生活用品、家電のデジタル用品なんかもそうですね

色々な販売者がネットで販売している関係上価格も比較されやすい環境があるので必要以上に安く販売される側面もあるのでしょう

うちのサイト経由でも書籍だけではなく洋服や下着等結構マニアックな物まで買われています

購入、換金可能なデジタルギフトカード

Amazonギフトカード、iTunesカード、GooglePlayカード、LINEカードが安く購入、または自分の余っているギフトカードを出品して販売、換金する事も可能です

イメージとしてはギフトカードのフリーマーケットの様なイメージ

こんな感じ!

f:id:gustave_buzz:20160814215727j:plain

参照:https://giftapple.jp/#tabBox2

 

2016年の4月にリリースしたばかりのサイトなのでまだ購入可能な商品がAmazonギフトカードとiTunesカードくらいしかないのですが、9月まで販売する側の人の出品手数料は無料(以降2%予定)と言う事なので手元に余っていて換金したい人にはおすすめかもしれません

逆に出品者がまだ出揃っていない状態で企業側は広告費を使って宣伝してくれているので大手の売買サイトよりも注文が付きやすいのかもしれません

こんな人におすすめ

普段からAmazonで日常的に買い物をしている

iTunesで音楽を購入する機会が多い

GooglePlayを利用する

アプリのゲームやコミックを利用して課金する機会がある

手元に余っているAmazonやGooglePlay、iTunes、LINEのギフトカードがあって換金してしまいたい人

販売者の売り上げの出金時の掛かる振り込み手数料

アマテン(他サイト)

2000円以上の残高が必要

振り込み手数料-299円(税込)

ギフル

振込手数料

5万円以上-無料

5万円未満-楽天銀行、住信SBIネット銀行、郵貯銀行-165円(税込)

それ以外-250円(税込)

アラート機能

自分がこれくらい安かったら買いたいという価格を設定しておけばアラート機能でメールで知らせてくれます

セキュリティ

(1)個人データを含むすべての通信データのSSL化

(2)不正に入手したギフトカードが出品されない様本人確認を実施

(3)エスクローサービスでギフトカードが届いて自身で確実に使用出来る事を確認してから運営の口座を利用しての入金

こんな感じになっているので、カードが万が一利用出来ないというリスクを回避出来るのではないかと思います

結構便利なサイトなので気になる方は覗いて見るといいかもしれませんね

それでは!

ギフル公式サイト

ネットはテレビじゃねぇんだよ

ブログ

プロブロガーはありかなしか談義

f:id:gustave_buzz:20160814091504j:plain

先日webgekiというサービスに深夜お邪魔していて

そこでプロブロガーはあり、なしという談義が行われていました

リアルタイムで7,80人位の参加者が途中からあって結構盛り上がっていたんですが

その際にプロブロガーっていうのが今の一部の「プロブロガー」という風に名乗っている方の印象が強くなり過ぎて、プロブロガーは情報商材とか宗教みたいでどうこうという話が出ていて少し驚きました

「プロブロガー wikipedia」で検索すると「イケダハヤト wikipedia」というのが出て来るんですよ

イケダハヤトさんが最初期にプロブロガーを名乗ったのもあるのですが、実際にはプロブロガーというのはまだネット上の概念として一定の基準やこうであるという内容が出来上がっていないものなんですね

以前プロブロガーの概念について書いた記事もあるので参考に

shijinblog.hatenablog.com

まあ、それを名乗った者勝ちというのもあってプロブロガーの印象が

(1)記事の質が低い

(2)サロンを運営して収益を上げている

(3)社会人をdisる、自由を強調する

というこんな感じになって来ているのだと思います

ネット上の印象に操作されはじめる人々

いや、ただですよ

そこには以前から記事の更新を相当数やってきて独立したガジェット系のブロガーとか、相当色々なプロと呼べるブロガーの人がいる訳ですよ

自分ではプロブロガーとは名乗ってないけど十分に周りからはそう見られて認められている人達ですよね

そういった人達がいるのにプロブロガーをひとくくりに「情報商材を売っている」「宗教的」ってこれ、この考え方を普通に言葉に出来ちゃう人ってやばって私は思ったのです

実際にはサロンで教えている内容を確認していないにも関わらず、それらの内容を固執したイメージで言い換えてしまうのはちょっと怖いと言った所でしょうか

確かにテンプレ的な印象はありますが、それはいかに効率よく収益を上げる為の記事を作るのか、見せるのかを教えた結果だと思います

ただこのサービスにはそのコメントをいいねすると文字が大きくなる機能もあって、すぐにそのイメージを元に話されている方のコメントにいいねが付いて行くんですよね

これってもしかしたらそういうイメージが全体としては主流になりつつあるのかなと思いつつ、ただそこで私はプロブロガーって今の若手の人以外にもいますし(ゴリミーさんとか男子ハックさんとか)、ブログで好きな事を書くのは自由なんじゃないですか?

という内容を少し書いてみたんですが直接コメントは返って来なかったんですよね

なんかテレビの前で芸能人の話をああだこうだ言ってるあのイメージが浮かんで来てしまったのです

「ネットはテレビじゃねぇんだよ」

この言葉はきつい感じですが

「会社は学校じゃねぇんだよ」の例の言葉を少し遊んでみた感じです

テレビって昔は12チャンネルあってまあ使えないチャンネルもあったと思うんですが

その内容が家に帰ったら流れていて、それを自然に見てしまう

もしくは職場の食堂で付いているので見ながらおっちゃんおばちゃんがこの事件は〜、この芸能人は〜と喋っているイメージがありましたが

これって受け身の情報だった様に思うんですよね

自分から勉強しようとする訳でも、自分で本を選ぼうとするのでのなく受け身の情報収集という感じですね

それがネットでも起きはじめているのか?と思う部分があって

まあ普通にどうでもいい事は「見なきゃいい」訳ですよね

それをわざわざ「情報商材」「宗教的」とか日本の中ではイメージが悪い様な例え方をしているのにも関わらずかなり詳しいって、むしろどんだけだよwと思うんです

人間の時間て本当に限られていて何かやるのにも時間や体力のリソースって限られていると思うんです

私は20台の前半にテレビは捨てましたし、HDDレコーダーも探している人に上げちゃいました。それはテレビ見ている時間が勿体ないなって思ったり、テレビゲームをやってる時間がもったいないなって当時思った為です

ただネット上で自分で必要な情報を探し出す作業を怠ってある情報配信サービスに依存してしまうのは情報取得の自由や可能性を狭めてしまうのではと思います

検索すれば地球の裏側の海の景色も見れるくらいなんですからもっと色々見た方がいいんじゃないでしょうか

「ネットはテレビじゃねぇんだよ」ではでは

WebメディアのマネタイズでPV数を追う時代は終わる

ブログマネタイズ

キュレーションメィアの台頭

f:id:gustave_buzz:20160812202958j:plain

www.katsushin.com

かつしんさんのキュレーションメディアに対する言及記事を読ませて頂きました

元々お持ちになっていた160万PVのサイトが70万PVまで落ち込んだという記事に関する続きになっている記事なのですが、MERYをはじめとするキュレーションメディアが近年台頭していく中で、PV数の稼ぎ頭でもあった記事がキュレーションメディアの記事にPV数を食われ低迷気味である事、またキュレーションメディアが画像の転用は元より記事の内容や構成のパクリなどをしている事に対する怒りについても書かれていました

キュレーターによるキュレーションとその先

元々キュレーションというのはインターネット上の多くの情報の中から目的にあわせた情報を人手で取捨選択し繋ぎ合わせて新しい価値を生み出す事だそうで、その情報を取捨選択し自分なりのフィルターを通して発信する人をキュレーターと言うそうです

そんな中でインタネット上でのキュレーションというのはgoogle検索上での情報を元に行われる場合も多く、この場合にはかつしんさんのサイトAが1次情報であったのにも関わらず、どこぞのキュレーターとかいう人が勝手に画像を転載したり、内容を少し変えてリライトした上でインターネット上に公開しているのではと推察されます

基本的にはオリジナルの記事が一番評価されて当然なのですが、今の検索上の順位を決める材料としてSNSでのシェア数や良質な被リンクによる流入なども検索順位上の影響を与える為に、どのタイミングで投稿したのか(その話題が盛り上がっている時)、どのサイトで投稿されたのか(facebookやtwitterのフォロワー数など)によってもその評価は前者が上に来るのか、後者が上に来るのかは1次情報が一概に上に来るとは言えません

ここがキュレーションメディアに対する頭の痛い所で、パクられた上に相手が検索上位に来た場合には憤慨したくなってしまう訳です

PV数至上主義による記事の量産

現在のwebメディアの外部からの評価はPV数によって決まります

皆さんはwebメディアの媒体資料とか見た事はありますでしょうか?

このメディアはユニークユーザーがこれくらいの数で、この位のページビュー数毎月見られています

読者はこれくらいの年齢でこういった性別、こういった職業の人達が見ていると考えられますとそんな事が書かれています

やはり広告主に売り込む際にPV数というのはとても大事な物でこれが無いとCMに広告を出している様な、お金を持っている大手のナショナルクライアントから広告枠を受注する事が出来ません、そしてメディア側からも営業を掛ける事が難しくなってしまいます

nanapiの公開されている事業の企画書やクックパッドなどを見ているとナショナルクライアントに売り込む所までメディアを成長させる事が事業の重要な位置づけとなっている事が分かります

その為PV数を稼ぐ為には記事の絶対数が必要となって来る訳です

キュレーションメディアとベンチャーキャピタル

キュレーションメディアをはじめとする多くの新興メディアは外部の資金が入っています、むか〜しからやってて多くのトラフィックを持っている所はマイペースにやっていますが、ガラパイアとかGigazineとか色々ね

新興のメディアはまずこいった方向性で事業をやりたい、もしくは今やっている事業を大きくしたいという場合に自分の企業の株式をベンチャーキャピタルに20%で1000万、2000万などという感じで譲渡します

その資金を元に従業員を雇い事業を加速させる訳ですが基本最初はどこもほぼ赤字スタートです

スタートアップ企業は成長曲線がU字になっていてある地点を越えると爆発的な成長を遂げて行きます

ベンチャーキャピタルはそのwebサイトが成長した段階でスタートアップ企業を大企業にイグジット(どこかの会社に売却)、もしくは株式公開し高値が付いている時点で保有する株式を売却する事で利益を得ます

まあという訳でキュレーションメディアもVCからお金を貰っている訳で、使える資金て言うのは有限なんですよね

nanapiとかはKDDIに売却される前にPV数の踊り場(成長止まり)があったのですが、カテゴリーを分ける事でPV数を増やす事に成功しました

もしPV数がそれ以上伸びなければ担当していたVCはうちだけではもたないかもしれない、その時は他のVCにも協力して資金を追加で入れ直さなければいけないと確か話していたのを見た記憶があります

そういった事もありいかにしてキュレーターのフィルターを通してより良い物を出していくかという考えが成熟する前に、「いかに効率よく」新しい記事を作るのかという所に至ったのではないかと推察されます

 ライター側もまだまだ成熟していなかった事もあり企業によって(4meee!とか)は全ての記事についてコピーコンテンツが無いか人力で確認していたと言う話もあったくらいです

PV数をひたすら求めればキュレーションメディアも消耗戦になる

私も外注で他のサイト上で記事を書いて貰っていた事があるのですが、質の良い記事を書いて貰う、書けるライターを捜すと言うのはかなり難しく、そしてとってもコストが掛かる事です

1PVあたりの収益はクリック型の広告が主体であれば、コストに見合うだけの利益にはそうそうならないので、どこかで突き抜けて特定の分野で突出した人気サイトになる、それによりどこかの大手企業の広告塔の様にでもならない限りは出口(イグジット)に辿り着くまではひたすらPV数と睨み合いを続ける消耗戦になってしまうのではと思います

今後のwebメディアのマネタイズと向かうべき方向性 

webメディアであっても個人のブログであっても利益を第一に考えるのであれば広告主があってはじめてメディアとしての利益が出ると思うのですが

ここでPV数を追っている人が多過ぎるのではという風にも思ってしまうのです

その広告主の商品が買われる(クリック型広告がクリックされる)のはそのユーザーと広告主がより深くマッチングしている時だと思います

それはどんな悩みを持っているユーザーに対してどういう企業の広告を売り込むのかという所だったり、その商品なりを欲しているユーザーがどの程度の規模いるのかであったり 、そういう視点で考えて行くと本質的にはより深くその問題に向かい会う記事が上がって来るのではないかと思います

「おすすめ キュレーションメディア」とか検索すると結構どれも背景白の清潔感漂うちょっとお洒落系、記事の配置とかも似てるんですよね

(最近the bridgeというイケてたIT関連ニュースサイトがキュレーションメディアチックになってたのを知ってまじショックでした)

まあそんな感じでどこかトップのサイトは注目を浴びて、その他のサイトは埋もれて行く(コンテンツが似通って来る事によるドメインやファンの数による評価が全面に出てしまう)、そういうのって今後長い目で検索する困っているユーザーのニーズと向き合う方向性としては違うんじゃないかなと思いました

ビジネスなんで厳しい問題ですが今後はPVよりCV(コンバージョン)の時代になって来るのではないでしょうか

これは個人のブログでも言える事だと思いますが、もしかしたらwebのコンテンツ全体を通してそういった節目に来ているのかもしれません

関連書籍

はてなブログ Perfect GuideBook

人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術

Google AdSense 成功の法則 57

ブログで1000記事を達成した「ポジ熊の人生記」ポジ熊氏にインタビューさせて頂きました

ブログ企画

ブログで1000記事を達成したブロガー

 

f:id:gustave_buzz:20160811213250j:plain

ブログを始めたばかりの方、はじめて1年以上の方色々な記事を書かれている方がいて、またこのブログを読みに来る方にも色々な方がいるのではと思います

以前にもtwitterで気になるブロガーにインタビューをする旨のエントリーをさせて頂いたのですが今回はブログ開始半年で「1000記事」を達成したブロガーのポジ熊氏に気になる事をインタビューさせて頂きました

なかなか1000記事を書くというのは難しい事で今現在ブログを書かれている方でも数えられるくらいしかいないのではと思います

1日1記事でも3年近く掛かりますからね

もし今後ブログを書き進めていくかたがいるのであれば、その方々の参考になれば良いなと思います

「ポジ熊の人生記」ポジ熊氏インタビュー

 

SHIJIN

今回は「ポジ熊の人生記」のポジ熊氏にインタビューをさせて頂く事になりました、宜しく御願い致します^^

ポジ熊

こちらころ、よろしくお願いします(*'ω'*)

SHIJIN

以前からインタビューしたかったんですがやっと実現しましたねw

ポジ熊

詩人さん忙しいからなー

SHIJIN

いえいえw 1000記事を書くってなかなか出来ない事ですので今回はポジ熊氏に色々気になる所を聞いてみたいと思います^^

ポジ熊

なんでも聞いてください、性病歴でもなんでも!!

半年で1000記事を達成したと思うんですが、まずなぜ1000記事を目指そうかと思ったのか、ここん所から聞かせて貰ってもいいですか?

SHIJIN

w

ポジ熊

はい、半年で1000記事を達成しようと思ったのは、書きなぐっている当時、自分が私生活でどん底のメンタルにいたのですね。で、そこでブログと出会った、んで、魂の共鳴を感じて僕はブログに夢中になった。その時は自分の中で生きるということは「ブログを更新する」ということだったのですね。僕にとって1000記事更新とは、まさに生きることだった。もともと、がむしゃらに生きる性質がありますから、当時はブログにそれが全て注がれたというわけです。

SHIJIN

ほむほむ、

SHIJIN

ブログが人生、そこからポジ熊の人生記という名が来ているのでしょうか?確かにあの時の勢いはすごかった、多更新する上でつまずいたり記事を書けなくなったりというのはなかったのでしょうか?

ポジ熊

ところどころではありましたね、記事ネタに困るということは。でも、そういうのは大抵「記事ネタに困ったことを記事にする」ことで乗り切りました。ブログは無理に更新する必要はない、と一般的にいいますけれども、僕のように1日7記事更新を達成するとなると、正攻法ではとても乗り切れない。このように知を這いずり回る形でも記事ネタを捻り出す必要があったのですね。ただ、毎日鬼のように更新していると、もはや呼吸するかの如くネタが浮かんでくる、合わせて雑記ブログという記事ねたに困らない運営形態が功を奏したのか、ネタに窮して行き詰ることは皆無でしたね。まぁ、好きこそものの・・・ってのもあるのかもしれません。

SHIJIN

ネタが無い事をネタにするw不覚にも笑ってしまいましたw

ポジ熊

ゲリラブログですwww

SHIJIN

少し飛ばした質問をしますが、たぶんみんな気になる所だと思うので、

ポジ熊

遠慮なくどんぞ

色々な記事を書いて来たと思うんですが、特化型ブログって一般的にその特定のカテゴリーでの検索上のアドバンテージ(検索順位に関して)とかはあると思うんです そんな中で「雑記ブログ」で記事のボリュームを広げて行く事で以前書いた記事や特定の分野での検索上の順位の動きって変動はあったりしたのでしょうか

SHIJIN

これは個人的にもすごく気になっている所です^^

ポジ熊

正直、他の記事が記事ボリュームの拡張とともに浮上するかどうかということは、確たることは言えません。ただ、突如として浮上してくる記事もある。その場合は日常的に更新を継続していることが何らかの作用を及ぼしているかもしれない、とは思います。まとめますと【記事更新を猛烈に更新してほかの記事が目に見えて浮上してくることは無い、ただ、更新継続はサイト全体の評価向上に一定の寄与があるのではないか】といったところでしょうか。

SHIJIN

ほむほむ、ちなみにこれは参考までですが内部リンクをうまく生かせるとその他の記事にも良い影響が与えられるとの事です^^参考まで

SHIJIN

記事の更新でドメイン自体に被リンクとかその他の評価が付いて来たのかもしれませんね ちなみに突如浮上して来た記事っていうのは大まかにどんな感じの記事だったのでしょうか@@

その件については聞きかじっております、ただミリアードなど関連記事自動生成スクリプトが内部リンクに貢献するかどうかが不明確なところであり、もしこれが貢献していないとなると手動で内部対策をせざるを得ないのかなという気がします。

ポジ熊

えーと、過去に書いた文字数の多い記事ですね。次に特徴を挙げます、

おおw気になりますw

SHIJIN

文字数の多い記事ですか

①文字数が多い②自分で体験したことを綴っている③自分で撮影した画像を使用している④他記事へのリンクや引用元を明記している などが特徴です

ポジ熊

これは明らかな傾向です

へ〜、2,3,4はどれも発見がある内容ですね@@

SHIJIN

説得力が増すという事なのでしょうか

ポジ熊

オリジナリティをgoogleが評価しているのかもしれません

SHIJIN

ほむほむ

ポジ熊

ところでまた飲みましょうね☆

1000記事を書く前と書いた後の記事の文字数や質の変化とかはあったのでしょうか? また、検索結果での流入の度合いとかその前後の記事で違いはありますか?

SHIJIN

はいw今度は0時スタートじゃない時間でw

ポジ熊

記事の文字数ですが、散々1000文字少々のコンテンツを書きなぐって満足したのか、その後の記事は主に2000文字~3000文字が多くなりました。もちろん、記事数は縮小です。検索流入の度合いの変化は定かではありませんが、定期購読者やツイッターフォロワーの増加によりダイレクト流入が単純に増えています。今ではどんな記事を書こうとも、1日200PVは検索以外から得られるのが実情です。有り難い話です。なお、検索エンジンへのインデックスパワーは明らかに増加していますが、これが他更新と小更新とどれほどの差があるかは比較したことはありません。

ポジ熊

来年早々に東京、またお邪魔しますよw

はいw

SHIJIN

最後にふたつ質問を

ひとつは今後のPV数やマネタイズの目標等を聞いてみたいというのと、もうひとつはいま考えた事なんですが特化型ブログについて興味はありますか?また雑記ブログと比較しての可能性の幅としてポジ熊氏はどう思われますか?

SHIJIN

2番目の質問はいまブログをはじめたばかりの方がどのような方向性でいくべきなのか、雑記を書きまくった側の意見としてどうおもうのか聞いてみたいです

ポジ熊

PVについてはこだわりなく、マネタイズについてはメインサイトで月に10万円収益を目標にしています。特化型ブログの強みは何といっても訪問ユーザーと広告のマッチングによるマネタイズでのアドバンテージ確保+検索エンジンへの特化サイトアピールでしょうね。特化は強くなればインデックス力は雑記どころの話ではなく、恐ろしいまでの強さを誇ります。雑記ブログの特徴はブランディングなんですよね。管理人の人となりがはっきり出る。なのでここで大成功(マネタイズ的に)を収めるとすればカリスマ型のブロガーが適していると言えます。しかし、カリスマというのは少数ですから、やはりマネタイズを主眼とするならば雑記は苦しい。おこがましいですが、僕は雑記でブログ飯まで持っていく自信はあります、しかしそこらの一般人が雑記でブログを始めて綺羅星の如き結果を出せると葉思えない。であれば、マネタイズというものを平準化させて多くの人を成功させたいのであれば、自分の興味のある分野で特化ブログで注力するほうが近道でしょうね。どちらが自分に向ているのか、それを見極めるのは半年程度が良いでしょう。そこで花咲かなくともSEOやブログ運営におけるTIPSは少なからず身につくわけですし、無駄ではありませんよね。 ちなみに、もうすでに特化型ブログ立ち上げてます、興味の2ステップ先の段階まで来ていますw

ええw

これは色々衝撃な事実がw

SHIJIN

第2ステップを踏んでいたのですね^^どんだけパワフルなのw

ポジ熊

むふw僕はたぶん、特化に注力したら本業の年収超える自信はあります( *´艸`)

SHIJIN

あまり深く聞き過ぎると後が怖いので今日はこの辺にしておきましょう^^

はいー( *´艸`)

ポジ熊

これは全部公開しても問題ないログなので、好きに調理してください

SHIJIN

いやー、インタビューしている私も知らなかった事実が、了解です^^ 今日はブログインタビューをさせて頂きありがとうございました^^今後の活躍も期待して読ませて頂きます!

参照:ポジ熊の人生記

ポジ熊氏は10月頃から4月頃までの半年で1000記事を達成

その後はより内容を深くした記事を現在は書かれています

今後多くの記事を書いていく方の中にはブログを運営して行く上で参考に出来る記事も多くあるのではないかと思います

www.pojihiguma.com

twitterで今後はブログ運営の事をつぶやいていくと書かれていたので気になる方は参照してみるといいかもしれませんね

ポジ熊 (@poji_higuma) | Twitter

次回予告

次回はあの新サービスを発表予定のあの有名ブロガーが!?