SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

転職で年齢不問って実際の所どうなのよ!? 30代、40代の気になる所を記載して行きます

スポンサーリンク

 

f:id:gustave_buzz:20161108064013j:plain

参照:SUITS

こんにちはSHIJIN(@gustave_buzz)です

転職に際して何才まで転職が可能なのか気になっている方は多いのではないでしょうか

20代の方は元より、特に気になるのは30代、40代の方ではないかと思います

私自身30代に足を踏み込んでいる所ですのでやっぱり気になる所ではあります

そういった転職における年齢不問問題について今回は書いていきたいと思います

転職での年齢不問について

まず これまでのイメージですと転職は35才までにした方がいいという、「転職の35才限界説」が暗黙の了解があったのではないかと思います

ですが実際にハローワークや求人情報などを参照していると「年齢不問」という言葉が出て来るのではないでしょうか

それを見ていると半信半疑ながら、まだまだ自分は行けるのかな?と思う部分があるのは確かではないかと思います

転職の年齢不問と実際の年齢制限

実はこれは2007年に雇用対策法改正法案により、法律で求人サイトに年齢制限を敷いてはいけないという法律上のルールが定められてる事に由来します

ですので安易に年齢不問というのをそのまま受けとってしまうのは、日本の悲しい社会的な風習ですが「本音と建前」の「建前」だけを見てしまっている事に他ならないのではと思います

とは言え年齢不問の会社も実際にある訳でそれをどうやって見分けるのが良いのか、とても悩ましいところではないかと思います

自分なりにですが分析した中で感じた年齢不問だけどNGの可能性が高い所をピックアップしてみたいと思います

年齢不問がだけどNGの可能性が高い求人

新卒者積極採用中-20代限定の可能性が高い案件

女性活躍中-女性限定の可能性が高い

将来の幹部候補を募集-30くらいまで、時間を掛けて育てられる人材

年齢不問、社会人未経験、第二新卒、フリーター歓迎-若い20代のポテンシャル採用

大まかではありますがこんな背景も見え隠れしてくるのではないかと思います

将来の幹部候補というのや、ポテンシャル採用の場合はかなり微妙な所ではありますがやる気次第で採用の可能性も高いかもしれません

それではどんな場合に転職における年齢不問での選考の通過が出来るのでしょうか

転職先で年齢と共に求められる求められるスキル

主にですが転職におけるスキルが充実している事がやはり、年齢を加味した上でも転職が成功する確率が上がる要素として大きいのではないかと思います

当然な部分ではありますがやはりどの企業であっても「即戦力の人材」というのは欲しい所です

逆にIT系などの専門職種によっては求められる「スキル」が必要な場合と、小売り業、サービス業などの特殊なスキルはいらないけれど「体力」や「精神力」などが求められる場所とで別れて来るのではないかと思います

特殊なスキルがいらないというのは、営業職などのスキルよりも「商品を売り込む為の話術」や、完全歩合制でポテンシャルさえあれば「結果」さえ残せれば問題無いと言う会社であればスキルがなくても実力で認めて貰う事は出来るのかもしれません

20代の転職

f:id:gustave_buzz:20161108065415j:plain

参照:SUITS

転職市場での20代はまだまだ売り手市場ではないかと思います

通常転職が一番行われる時期は25才〜28才までだそうで会社で社会人として働き出して3年〜5年くらいという事が想定されます

この時期は教育の「コスト面」でも「スキルの面」でも採用する企業にとってのメリットがあるのではないかと思います

20代の従業員の教育コスト

通常企業が社員を雇った時に3年は教育に掛けるコストの方が掛かるとも言われ、売り上げと教育コスト、人件費等を合わせた時に利益が出るのはこの辺りを境にしているのではないかと言われています

実際即戦力が求められるのはこの部分もあって、新卒採用のコスト一人50万〜150万と3年間の年収等を合わせて1000万と考えた時に、そこで利益が生めないのであれば年収は高くとも150万程度の費用で雇用出来る中途採用のニーズが高まるのは必然なのかもしれません。よって入社3年〜5年の25才〜28才程度での転職はある意味でニーズは高いのではないかと思います

色々考えた上でも「20代はキャリア形成のターニングポイント」と言えるのかもしれませんね

30代の転職

f:id:gustave_buzz:20161108070345j:plain

参照:SUITS

30代の転職ではやはり「経験」や「スキル」が転職市場では求められるのではないでしょうか。逆をいうとそれだけの実力があれば同じ業界であればそこまで大きな苦労はしないのかもしれません

私がエージェント経由で話を聞いたのは20代では「ポテンシャル採用」、30代では「スキルを元にした採用」だと言う話です

28才〜29才くらいには転職するのは実はぎりぎりで、30代になると一気に案件は減るという話も聞いています

30代に入るまでにある程度業界を決めておく事、その為のスキルを習得しておく事は必須になって来るのではないかと思うのです

30代で転職する際の自分の強みとは

30代ではじめての転職と言う場合には未経験では厳しいのではないかと思います。逆に自分の経験した業界や職種の土台がある場合にはその強みを生かして行く事が大事ではないかと思います

自分の強み等を知りたい場合には自身の仕事を通してどんな「経験」をしてきたのか、またそこにどんな「数字」が生まれて来たのかを正確に把握して相手に伝える事が重要です。リクナビの運営する性格診断、グッドポイント診断 を利用したり、エージェントに自身の得意分野をブラッシュアップしてもらう事も大事ではないかと思います

 

          >>グッドポイント診断公式ページ 

 

>>転職エージェントのメリット・デメリット

shijinblog.hatenablog.com 

40代の転職 

f:id:gustave_buzz:20161108064942j:plain

参照:SUITS

 40代の転職は正直難しいと言えるかもしれません

転職の相手先企業は「スキル」「マネージメント経験」こういった物が求められるのではないでしょうか。もしくはヘッドハント等の場合を除いては厳しい所ではないかと思います。以前仲良くさせて頂いていた40代の外資系のエンジニアの方はヘッドハントで年収1200万〜1500万くらいを渡り歩いてた記憶があるのですが、相当売り込み方がうまかったです。尚かつ在職中に転職先を決めておく事は見ている限りだととても重要&必須だった様に思います

 

実際の所スキルがないと難しい部分もあります 

ではスキルがなければ40代の転職は諦めた方が良いのでしょうか

自分の知る限りその問題をクリアする具体的な方法がひとつだけあります

(実際には他にもあると思うんですが、本職のエージェントに聞いてみるのが良いかもしれません)

同じ業界、ライバル企業への転職

転職と言うと選択肢がありすぎて突拍子もない所に思考が飛んでしまいますが、唯一確実なアドバンテージがあるのは以前務めていた所と同じ業界・ライバル企業に転職する事でしょう。これはぶっちゃけ間違いないと思います

未経験の場合には多くの場合に転職で年収は下がります、ですが同業種であればキャリアアップ出来る事、また業界の取引先のクライアントやメーカーなど業界にもよりますが川上から川下まで繋がっている事が多いので転職には有利といえるのではないでしょうか

「ライバル企業」であればまあだいだい同じ業界であれば自分自身に御客さんがついていたり、相手先も前の会社の実力や評判を把握している事も多いので自分の周りではですがとても有利に働いていたのではないかと思います

ハローワークでの転職活動と年齢不問の求人

最後に年齢不問の求人を探されている方には30代以降の方が多いのではないかと思います。そんな方達がハローワークを使われている率は高い様に感じるのですが、少し考え方を変えてみると視点が変わりハローワーク経由での転職活動のデメリットも見えてきます。ハローワークで苦戦している人は参考まで

・ハローワークへの企業の掲載費用は無し

・そして企業は面接に来た人を無下に断れない

と言う背景があります

そう考えると下記の様な事が想像出来るでしょう

(1)無料での求人票が出せるので職場環境が良くなくていつも人が足りない会社の場合

(2)人が欲しい時期は良いのですがそこまで必要としていない場合にも何度か企業が断っていれば求人票を取り下げますかとハローワークから企業側に言われてしまう為、そこまで本気で募集をしていない場合

(3)本当に人がすぐに欲しいのであれば良質な応募者の多い大手の求人サイトを使う

(4)失業保険を貰う為にだけ一応面接を受けるだけの人も来る為

こんなだらだらな感じちょっと微妙じゃないですか(汗)

そういう背景的な部分も考えると大手の転職サイトか、もし可能ならコネとかもありなのかなと思ってしまうんですよね

最後に

いかがでしたでしょうか

今回は30代、40代に視点を当てて年齢不問てどうなの?という題材で書いてみました

実際の所、厳しい部分があるのは想像に難くないですが

今後人口も減少して行く中で間違いなく30代、40代の需要は変わって来るのではないかと思います。色々試行錯誤されている方の参考にして貰えたらと思います

 

☆関連記事

転職の書類審査が通らない方にはかなりおすすめの記事

shijinblog.hatenablog.com

 自分の経験やスキルの強みをブラッシュアップしたい方はこちらも参考に

shijinblog.hatenablog.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク