SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

アレルギー性鼻炎が治らない?漢方で完治した方法を教えます

健康
スポンサーリンク

 

f:id:gustave_buzz:20161101062312j:plain

ども、SHIJIN(gustave_buzz)です

ちょうどいま季節の変わり目でそれに伴ってブログ界隈を見渡していてもアレルギー性鼻炎できつそうな人を見掛けるんですよね

結構真剣に悩んでいる人も多いので、もし参考になればシェアして頂ければ嬉しく思います(内容に関しては各々で判断頂ければと思いますが、実際に私は完治した内容となります)

id:yagi-rentaさん

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎って本当に辛いんですよ

自分も中学生〜高校生くらいまで鼻水が時期によってだらだら出て来てしまって、教室にボックスティッシュ持ち込んでいた時期とかもありました

これってすごいストレスが掛かるんですよね、アルバイトでも部活でも勉強でも集中力が削がれますし、当時はやっぱり思春期で周りからどう見られているのかとか、気になる時期もあるじゃないですか、鼻炎を経験している人は自分と同じ様に感じている人もいるのではないかと思います

アレルギー性鼻炎の原因

私の場合はハウスダストのアレルギーがあって、その関係もあってぜんそくやアレルギー性鼻炎を経験しました

ハウスダストのアレルギーを持っていると小さい頃は気管支炎として症状が出て、年齢が経つごとに症状が出る場所は変わっていくんです

場合によっては小さい頃に皮膚にその症状が出るとアトピー皮膚炎として症状が出る場合もあります

アレルギー体質と免疫力について

今回季節の変わり目でアレルギー性鼻炎を起こされてる方が多い様ですがそれはなぜでしょうか?

それは気温の変化で自律神経が狂ってくる事によって起きる、免疫力の変化による影響なんですね

アレルギーってそもそもは体の中に入った異物を排除する為の体の機能なんです

ハウスダストやダニ等がダメな自分はそういった物が体に入ってくると、気管支に影響が出る人は咳き込んで、鼻に症状が出る人であれば鼻水で外部に排除しようとその防衛機能が現れます

この症状が必要以上に出てしまう人をアレルギー体質と言い、その結果咳き込むのはぜんそくへ、鼻水が出るのはアレルギー性鼻炎として出てしまいます

それぞれにきっかけはありますが都会の排気ガスが多い大通り添いなどでは顕著に小児ぜんそくが多いのではないかと思います

そもそもなんでこんなに知ってるのかって話ですよね

それはめっちゃ苦しかったからなんですよ

ほんとにきつくてきつくて、頭おかしくなるんじゃないかって

アレルギー性鼻炎の症状が強いときはそう思っていた時期がありました

これはまじで当事者達で症状がきつい人は感じていると思いますよ

年中花粉症みたいな状態ですから

アレルギー性鼻炎と西洋医学の治療法

ちょっと遠回りしますが西洋医学の治療法についても読んで頂ければと思います

そもそもですが西洋医学の抗生物質などは症状を軽減させる方法を取ります

それに対して漢方医学は体質を改善する事を目指します

これには大きな違いがあり軽減させる為の薬はその日は良くなりますが、薬の効果がきれたら症状は再発します

それに対して漢方で体質を改善した場合には永続的に症状が改善されます

自分は3年くらい減感作療法を行っていました

減感作療法とは

アレルギー性疾患の治療法の一。原因となる物質のアレルゲンをごく微量ずつ与えて身体を慣らし、過敏反応が起こらないようにするもの。

参照: 減感作療法(ゲンカンサリョウホウ)とは - コトバンク

 減感作療法というのは西洋医学のアレルギー体質の治療法で、少量のアレルゲンを注射する事で段々とその過剰反応を起こさない様にしていく手法です

私の場合かなりハウスダストに対する反応値が高かったので結構長い時間通ったのですが治す事は出来ませんでした。おばあちゃんが習慣的に病院にいくレベルでしょうがなく親の勧めでいってたという感じです

漢方による治療

18才くらいの頃にどうしても我慢出来ずに調べていた時期があるんです、その時に行き着いたのがアレルギー性鼻炎の漢方治療でした

その時には九州のネット専門の漢方薬局があってそこの薬剤師の方とメールでやりとりをしながら相談させて頂きました

実際に薬剤の知識のある方に無料で相談出来るっていうのは、自分の中で漢方を納得してはじめるのには大きかったんですよね

10年以上前の話なんで漢方薬局の名前は覚えていないんですが「漢方薬局 九州 ネット」とかで検索すれば今でもみつかるんじゃないかなと思います

ちなみにこの記事はそういった宣伝が目当ての記事ではないので皆さんで探してみてください

使った漢方薬

相談をさせて頂いて2つのお薬を提案してもらいました

(1)飲んでから早めに鼻炎を止める効果が現れるもの
(2)時間を掛けて体質を改善するもの

(1)はちっちゃい錠剤

(2)の名前はクマザサエキスを瓶詰めした笹ヘルスというやつだったと思います

熊が冬眠の前に笹を食べているのは知っている方もいると思うんですが、これは血液中の解毒などの作用もある為とも考えられています

クマザサの効能

アレルギーとは本来、人間が持ち合わせている免疫細胞の力が突然、暴走してしまうことです。 特に複雑で複合的な汚染が広がっている現代社会では、アレルギーの症状で悩む人が増えています。クマ笹エキスには、細胞膜の強化を通して、細胞ひとつひとつを政情に働かせる作用があります。そして正常な細胞を増やすのです。これによってアレルギーの抗原と抗体の関係がうまくコントロールされ、抗アレルギー作用に繋がるとされます。

参照: クマザサとアレルギー対策 

自分のアレルギー性鼻炎はアレルギーの原因物質に対する体の過剰反応で出ていた症状だったので、熊笹の免疫能力を調整してくれる作用が鼻の過剰な反応を無くしてくれた様でした

結果的にはこのクマザサエキスを朝晩ちょっとずつお茶に入れて飲む事で、6ヶ月くらいで症状軽くなり、1年位で全然鼻水とかでなくなったなという感じで改善する事が出来ました

これはまじで自分がほんっとに治したくて調べ尽くして辿り着いた結果、いまでは完治したのでおすすめしたい方法です

辞める時期とかは特に言われる訳ではないので1年位してほぼ治ってるなと思って、それから1,2ヶ月して辞めました

その後は10年以上経っていますが体質自体が改善されたので症状はまったく出ていない状態です。その間の費用は当時18才くらいにバイトしたお金で月に5000円〜6000円位ですんだ記憶があります

もしアレルギー性鼻炎で困っている人がいれば漢方で早めに体質改善するのをおすすめしますよ

 

Amazonでこんなの熊笹のお茶などもありました

血液を綺麗にして体臭や口臭の改善、疲労回復、胃腸の調子を良くする等の効果もあるのでご興味のある方は参考まで(※笹はイネ科の植物です)

スポンサーリンク

スポンサーリンク