SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

GeoOrbital/ジオオービタル 電動ホイール/前輪を替えるだけで電動アシスト自転車に

おすすめ家電
スポンサーリンク

 

GeoOrbital

f:id:gustave_buzz:20160512000314j:plain

 

海外のクラウドファウンディングサイトkickstarterで出資者を募集しているGeoOrbitalがなかなか面白い

日本でも自転車の人気は高いが、世界的に見ても自転車熱は高まっている

私の知っているブロガーさんでもオランダに自転車旅行に行ってしまう方もいるくらいですしね(飛行機で持ち運び出来るのか気になります)

このGeoOrbitalというタイヤは前輪を電力を使って回し普通の自転車を電動アシスト自転車に変えられるアイテムです

ホイール内側部分のローラーが外側のホイールを回し自転車を走らせる仕組みとなっています

ハンドル部分に設置するコントローラーを使う事で簡単に自転車を加速させる事が出来ます

既存の自転車を使う事が可能となっており、前輪のみのホイールとなっているので自分の足で漕ぎながら両輪駆動として使う事も可能です 

 

 

GeoORbitalの概要 

GeoOrbitalは60秒で前輪に取り付け可能な電動ホイール

現在GeoOrbitalは特許出願中で一般的な自転車の規格の95%をカバー出来る様2つのサイズを提供しています

大きさは26INCI(インチ)と700C

この700Cという規格は27インチに該当

650は26インチ、700は27インチ、Cはリム(金属の輪)の太さの種類、23はタイヤの幅のミリ表示だと考えていて良いと思います。外径とはタイヤのトレッド(接地)面での直径。 700x23C は 幅2.3cmで700C (ホイール径約62cm)のリムに適合するタイヤを示します。タイヤの幅と高さはほぼ等しくなるとして、タイヤの直径は62+(2.3x2)で67cm前後となります。

参照: http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1028376695

タイヤの仕様について

詳細な素材名については言及されていませんが「空気」を注入するタイプのタイヤではなく、中身がすべてが素材で埋まる様な仕様になっている為にパンクの心配は無いとの事

(実際に動画の中で釘をタイヤに刺して見せていますね)

壊れにくいという観点では空気タイヤに無いメリットがあるのかもしれません

 

タイヤのバッテリー

ちっちゃいタンクの様なバッテリーを差す事でバッテリーの交換が可能となっています

モーターの出力が500wで単一のバッテリーで50マイル(80km)程度まで走行が可能

6秒で20マイル(時速32KM程度)まで加速可能となっています

 

USBコンセントの設置

外出先で携帯電話、自転車のライト、またはスピーカー等を充電出来る様にUSBコンセントが設置されています

ビーチで1日ゆっくり過ごすには十分なポータル電源だとの事

 

GeoOrbitalのテスター達からのコメント

開発における最後の1年半では開発者の友人や家族等のベータテスターのコミュニティーを通して数千マイルを超える走行テストを行っています

自転車走行のテスター達の興味深い意見として下記の様な言葉が上げられます

 

私はもう丘に気付く事はありません、まあ、私はそれらに気付きますが気にしません

"I don't notice hills anymore, well, I notice them, but I don't care"

 私はこのホイールを愛しています。夫と私は再びカップルで自転車に乗る事が出来ます

"I love this wheel. My husband and I can ride as a couple again, now he is the one slowing me down!."

出典: 

https://www.kickstarter.com/projects/1266381423/geoorbital-wheel-make-your-bike-electric-in-60-sec

 GeoOrbitalの開発者達

開発者達はロケット科学者、発明家、企業家、工学の専門家が主立ったメンバーになっています。私達はトップレベルの技術革新の専門家、サプライチェーン管理、製造、設計などのノウハウを持っている事は非常に幸運だったと話しています

ホイールはマサチューセッツ州で開発されると共にマサチューセッツ州、ニューハンプシャー州の地方の契約メーカーと共に作られます

最新の技術と最高の品質の製品を作れる事に誇りを持っていると話しています

 

現在のクラウドファンディング支援状況(出資人数/出資金/価格)

支援者数-851人

ゴール目標-$75000

現在の集まっている金額-$629823 (7000万円位!)

出荷方法-船便

価格-$950が本来の小売り値段となっており

$499-10枠、$599-100枠、$699-200枠とアーリーバード(早い人ほど)安い金額で注文する事が可能な様です

到着予定日2016年11月

クラウドファンディング募集期間-2016年6月16日まで

 Kickstarterにて出資者を募集しています

※国や州によって電動自転車の法律等がありますので事前に使えるかは確認しましょう

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク