SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIJIN BLOG

あなたに綴る。とあるブログの黙示録

 

ブログでコラボ企画してみたらいいんじゃない?

ブログ
スポンサーリンク

 

f:id:gustave_buzz:20160310222431j:plain

ブログのコラボ企画について

ブログのコラボ企画、この発想てシンプルで面白いなと風呂に入りながら考えていました。そのきっかけになったのは下記の記事

私のブログのイラストをくるんちゅさんに書いて頂いたのと以前から頭にあった事の発想をもりもり増やして考えてみました

 

shijinblog.hatenablog.com

 

この記事ではブログのアイコンをくるんちゅさんに頼んだ経緯と、読者の方に私がとても満足したイラストレーションを描いて頂いたサービスを知って頂きたいが為に

SHIJINとくるんちゅさんのtwitterでのやりとりを記事に掲載しています

 

ブログでのコラボというと対談の意識が強くて、どこか小料理屋や居酒屋、高級ホテルの一室で二人、もしくは数人で話をした内容を第三者のライターが記述するという印象があったかもしれません

ですがそんな豪華な対談でなくても良いのです

「速攻語るわ」の記事では二人のイラストのやりとり、そしてイメージを膨らませるためにどんな事を話したのか、イラストの変化が手に取る様に分かる様に書かれています

この編集には少し時間を要しましたが実際にDMで話をした際にはトントンという足音が響く程度の短い時間でのやりとりです

対談は重要な話をしなければいけないという意識を私達は根底から覆さなければいけません

あなたと彼、彼女との話は誰かにとってはごくごく重要な話である可能性があるからです、かならずしも自分の想い描く理想と他の人の理想が合致しない事をしっておくと良いのではないかと思います

2日掛けて書いた文章があまり反応が無かったけれど、不意に想いの丈を書いた20分で仕上げた文章がバズるなんてのはよくある話です

有名ブロガーのコラボ

有名ブロガーがコラボしたのは「ちゅうはやサロン」が記憶に新しいですが

あまり深くは中身見ていないのでなんですがはぁちゅうとイケダハヤト氏という人気ブロガー同士がコラボして2ヶ月限定でnoteの書き方を指南する様な所ですね

実はこれって与沢翼さんとイケハヤさんの手法が似てるんじゃないのかっている話が持ち上がった(たぶん私の所でエントリーを上げた時期に同じなんですが)

与沢翼氏やネオヒルズ族などの人は以前よりしていた話で、たぶん彼が彼らの事をリサーチして知って行く中で出て来た発想ではないかと私は思っています

有名所がやるとどうも微妙な空気感がありますが(お金の匂いがし過ぎて抵抗がある人もいる)、中堅所やこれからの人には良い手法ではないかと私は考えます

それはなぜか、どのブログも読者層が完全に一致する事はなく、自分の気になるブロガーが参加すると言う事で見にいったら予想以上にほかの参加者が面白かったと言う事でお互いのフォロワーが相手方の読者になってくれる可能性があるからです

ブログは有料noteなどとは違い基本無料で閲覧出来るサービスです

そんな中でお互いのフォロワーが気になる自分の事を知って貰える、そのコラボによってセミナー等と違いお金を請求する事もないので負担無くコンテンツとして楽しんで貰えるという利点があるのではないかと思います

(むしろ利点しか無い)

ブロガーズギルドでもやろうかなと思っています

下記の記事で2月の頭に告知をしたんですがブロガーズギルド【ログインしたら本気出す!】でも何かやろうと思っています

 

shijinblog.hatenablog.com

気がつけば告知から1ヶ月以上経ってしまった!という部分もあるのですが、ブロガーズギルドでは初心者のブロガーやワードプレスなどはてなブログと違い他との交流要素が少ない方同志がお話しをしたり、分からない事、気になる事を話せるきっかけの場所に出来たら良いなと思っています

そんな中で「ブログコロッセオ」「ブロガー同士のチャットを利用したお茶会」「ブロガー同士の対談」などのコラボの要素をていしたものもやりたいなと考えています

とりあえずマックス時間が足りないので少し置いていますがそんな事も考え中です

ブログはひとりで書くものだと言う感覚を捨てよう

ブログはひとりで書く物だと言う感覚がどうしてもあるのですが、ここに来ているはてなブログの読者は気付いているんじゃないかな?

交流にこそその本当の面白さがある

ここは開かれた場所であり真っ白いキャンパスです

自分達の想い描いた夢を形にする方法はいくらでもあるのではないでしょうか

きっと色々な選択肢があるのではないかと私は考えます

みなさんもまだ見た事のない楽しみ方を見つけてみませんか?

私と対談企画してみたいという方がいましたらtwitterまでコメ頂ければいつでも歓迎しますよ^^

 

☆おすすめの記事

shijinblog.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク